糖質・カロリー約75%カットのヘルシーパスタ

写真拡大

糖質とカロリーを気にすることなく楽しめるイタリアン。

【写真を見る】糖質とカロリーが約25%カットされたヘルシーピザ

こんにゃくパスタ専門店「Salutareサルターレ」は12月から、大豆・コンニャクイモを主原料にしたヘルシーな新しい素材「マンナンスリム」を使用した、パスタ・ピザ・パン・リゾット・デザートの新メニュー提供を開始した。

「マンナンスリム」は、1914年創業のこんにゃく総合メーカーのナカキ食品株式会社が、6年かけて開発。はじめに通常のパスタのカロリーと糖質を約75%カットした「こんにゃくパスタ」を販売し、その技術を生かして、主食となる米・小麦などに「マンナンスリム」を置き換えて従来の20〜75%のカロリーと糖質カットを実現した。

「マンナンスリム」は無味無臭で、様々な形に加工可能。シェフが作るソースやタレの味を一瞬で吸収し、冷蔵庫に保管すれば2〜3日間は、味の変化が起こらない。従来の味と食感はほとんど変わらず、パスタ麺や細麺、米粒、ペンネ、ペーストの形状がある。

「Salutareサルターレ」では、こんにゃくパスタをはじめ主食となるメニューには「マンナンスリム」を使用し、「美味しいのにヘルシー」を実現。パスタは、糖質とカロリーを約75%カットした麺を使用し、シェフが得意とするパスタソースのバリエーションも多く、味は絶妙でパスタにもしっかり絡む。また、小麦アレルギーでも安心して食べられるグルテンフリーとなっている。

ピザは、生地にマンナンスリムとマンナンペーストを練り込み、糖質とカロリーは約25%カット。リゾットも、米粒状に加工したマンナンスリムを米と置き換え、糖質とカロリーは約40%カット。米と同様の食感で違和感なく食べることができる。

さらにパンは、生地にマンナンスリムとマンナンペーストを練り込み、糖質とカロリーを約20%カットした。表面はパリっ、中はシットリでもちもちとした食感を実現している。

餅粉とマンナンペーストを合わせたデザートの白玉餅は、特殊製法により冷めても硬くならず、糖質とカロリーは約35%カットした。

糖質とカロリーを気にせず、安心して食べられるヘルシーイタリアン。たくさん食べたいけれど、健康が気になるという方には、願ってもない店舗かも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】