写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は12月12日、四輪車や二輪車を共有して活用するモビリティシェアリング事業を展開するシンガポールのGrab Inc.(グラブ社)と、東南アジアでの二輪車シェアリング領域における協業を検討する旨の覚書を11月22日に締結したと発表した。

モノを共同利用する「シェアリングエコノミー」がグローバルレベルで拡大する中、東南アジアの二輪市場においても「所有」から「共同利用」へと使用形態の移行が広がる兆しが見えることから、グラブ社がこれまで培ってきた知見と、ホンダの二輪車ラインアップや販売網、サービスなどのリソースを活用し、東南アジアでの試験的な取り組みを通して、シェアリング領域での新しい移動サービスの実現を目指すという。

ホンダは「モビリティ産業が大きく構造変化していく中で、現在世界で急速に広がっている『シェアリングエコノミー』は移動そのものの概念を広げる可能性を有しています。今回のグラブ社との協業では、東南アジアの渋滞緩和などをはじめとした社会課題の解決という共通の目的のもと、さらなる"安心・安全・便利"な商品・サービスをお客様にお届けすべく、検討を進めていきます」とのコメントを発表している。

(神山翔)