バレーボール男子V・プレミアリーグ2016/17シーズンも、10試合を終えてレギュラーラウンドの折り返しとなった。首位を独走するのは9勝1敗のパナソニックだ。全日本エースの清水邦広、同じく全日本司令塔の深津英臣、ブラジル修行帰りの福澤達哉、そして何と言ってもどのバレー関係者も口をそろえて褒めちぎる、ポーランド代表の主将、ミハウ・クビアクが攻守にめざましい働きをして開幕8連勝を飾った。そういったスター軍団の中で、しっかりと存在感を見せてきた、204cmの文字通り大型新人・山内晶大(あきひろ)の成長も好調の大きな要因だろう。

 10月22日の開幕戦では、本人いわく「ガチガチに緊張しました。特に1セット目はほとんど記憶がありません」というほどだったが、クビアクの叱咤激励を受け、徐々に体がほぐれ、11打数6得点、ブロック4得点、サーブ13本打って3本効果の大活躍を見せた。

 11月19日の小牧大会で、セッターの深津は「チームで今一番注目してもらいたい人は?」という問いに、「山内ですね」と即答した。

「山内はこれまで全日本に招集されても、いったん大学に戻ると、そんなには高いレベルでの練習や試合ができてなかったと思う。それがパナソニックに入って、大学の頃なら60%、70%の力で打っても決まっていたのが決まらなくなる。トレーニング内容も食生活も変わってくる。そういう環境の中で著しく伸びている実感があり、僕としても山内はとても使いやすいし、まだまだこれから伸びてくれる期待を持っています」

 深津はともすればサイド攻撃が中心になり、ミドルブロッカーの攻撃が極端に少なくなりがちなセッターだが、山内へは積極的にトスを上げている印象だ。

 川村慎二監督もその活躍ぶりに目を細める。

「課題はまだ山積みですが、一戦一戦成長してくれていることは間違いない。いいところは攻撃も通るし、高いところから落ちてくるフローターサーブもいい。また、ブロックもキルブロック(※)も取ってくれるし、ワンタッチでボールに触る回数も増えてきている。まあ、まだ動きが素人っぽいところもあるんですが、伸びしろはいっぱいあるんで、このまま伸びていってほしいですね」
※両手を相手コートに突き出して、ボールを真下に落とすブロック

 山内はNEXT4の一員として2016年に石川祐希(中央大)や柳田将洋(サントリー)らとともにメディアとファンの注目を一気に浴びた。名古屋市出身の彼のバレー人生は少々異色で、中学生まではバスケットボール部で活動、高校入学後に顧問の先生に誘われてバレー部に変更した。大学は愛知県内の名門校のひとつである愛知学院大学に入学。ここで彼のバレー人生が変わる。

 2014年大学3年生の時に、シニア全日本に抜擢され、ワールドリーグを戦い、アジア大会銀メダルに貢献した。全日本に選出されるのは、V・プレミアリーグや関東大学1部リーグの所属選手がほとんどだけに、この抜擢は話題となった。この年は他にも2m級の若手ミドルブロッカーが呼ばれていたが、当時主将だった越川優は「僕は、この中で一番将来性があるのは、山内だと思う」と今の成長を見抜いていた。

 翌年のワールドカップでは「長身シンデレラ」という謎のキャッチコピーをつけられていたが、本人は「こんなでかいシンデレラ、いるわけないっすよ」とはにかみながらも、NEXT4と呼ばれることには、まんざらでもなさそうであった。カナダ戦では最も印象的だった選手が受賞するMIP賞を受賞。石川、柳田が圧倒的な活躍を見せる中でも、マイペースに自分をアピールしてきた。

 ただし、社会人として迎えた今春のリオ五輪世界最終予選(OQT)では、第3戦のポーランド戦に初めてスタメンとしてほぼフル出場したが、わずか2得点、ブロックはゼロ。それ以後は五輪出場の可能性がほぼなくなった消化試合になるまで出場は途絶えた。チームは2勝5敗で出場権にはまったく届かない惨敗。「あまり思い出したくない」という大きな挫折だった。

 ワールドカップでの輝きはただのビギナーズラックだったのか? と思わせるOQTであったが、夏の間しっかりとパナソニックでトレーニングを積み、もともと武器としていた落ちるフローターサーブを磨き、攻撃やブロックでもフル出場でチームに貢献している。12月3、4日は助っ人のクビアクが肉離れで欠場し、パナソニックにとって、試練の時となったが、3日はフルセットで堺に敗れたものの、4日は2位につけていたサントリーと直接対決し、3−0と快勝。今後につながる自信となった。

 目下、東京五輪への期待度では石川、柳田に後れをとっているものの、山内も着実に評価を高めていることは間違いない。何しろ、バレーボールは身長がものをいうスポーツだ。山内の204cmという身長は、『スラムダンク』の名ゼリフのように「でかいことは立派な才能」なのだ。204cmのサーブのいい、攻撃もブロックもできるミドルブロッカーは東京五輪で日本が活躍するために必要な人材となるだろう。
 
 Vリーグ全体も振り返ってみよう。

 昨季は23年ぶりの入れ替え戦に回ったサントリーだが、今季は開幕2連敗の後は連勝を続け、2位で首位パナソニックと直接対決した。だが、助っ人外国人を欠くパナソニックに、サーブで攻められて攻撃のパターンを狭められ、エースのエスコバル・ヤドリアンのスパイクも、アウトになるか被ブロックされる場面が目立った。柳田はアタック14、ブロック2、サービスエース1とチーム最多得点で気を吐いたが、「今日は完璧に力負けでした。天皇杯でも多分当たることになると思うので、ここで悔しさを跳ね返して天皇杯で勝てるようにしたい。今日は首位との直接対決で、もちろん燃えていましたし、勝てばポイントで並ぶことができた。それだけに、今日負けたことは今季リーグを振り返って一番の悔しさでした」とコメントした。

 2位サントリーに6ポイント差をつけたパナソニックが頭ひとつ出ているが、サントリー、3位東レは勝ち点20で並び、4位は昨年の覇者、豊田合成で18、5位ジェイテクトが15。少し離れて堺が11と混戦状態になっている。一昨年創部84年目にして初優勝を遂げたJTは7位で勝ち点10。FC東京は未だ勝ち点なし。堺はパナソニックがクビアク抜きで戦った最初の試合で、フルセット勝利を挙げ連敗をストップ、続くFC東京戦も連勝して6位に浮上した。JTも堺もチーム状態はここに来てよくなってきているようで、これからの追い上げが期待される。

 今季のV・プレミアリーグ男子は、NEXT4のふたり、柳田、山内を中心に、見ていて手に汗握る試合が多い。また、現在ケガで離脱しているクビアクは、「検査したところ、思ったほど重篤な症状ではありませんでしたが、あえて焦らずに休ませています」(川村監督)とのことで、復帰はそう遠くはないだろう。丁寧なつなぎ、トリッキーなトスやスパイクなど、彼のワールドクラスの魅せるプレーはファンならずとも必見。ファイナルラウンドに向けて、これからも目が離せない試合が続きそうだ。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari