画像提供:みどり(@pikatiro3)さん

写真拡大 (全5枚)

「今日は高校生活最後のお弁当 派手に泣かされました。」--お弁当に入っていた父親の手紙に感動したという娘のTwitter投稿が話題になっている。


みどりさんの父親は、いなくなった母親の代わりにみどりさんのお弁当を高校3年間作り続け、この日、最後のお弁当作りの日を迎えた。みどりさんがお弁当を開けると、最初に目についたのは手紙。「みーちゃん、3年間パパのお弁当を食べてくれてありがとう。」という書き出しの手紙には、「みーちゃんはたとえまずくても、マズイって言わなかったね。たまにお腹が痛くなったり、腐ってたり、友達からおかずもらったり、本当にゴメンネ。」と、これまでの思いが綴られていた。「最後は精一杯頑張って作ってみました」というお弁当は、様々なおかずが彩り美しく配置され、キュウリやウィンナーは、かわいらしく飾り切り。ご飯の上には肉そぼろ、たまごそぼろ、桜でんぶがきれいに敷き詰められ、高校生の娘のために見た目にもこだわって作られていた。


また、父親が初めて作ったお弁当の写真も同封。3種のおかずを無造作に入れただけの当時のお弁当と比べれば、父親がどれだけ頑張ってきたか、試行錯誤してきたかは一目瞭然。「ごめんねの文字に涙が出た」というみどりさんは、「必死に最後のお弁当を作ってるパパの姿を思ったらまた涙が出ちゃって、感謝の気持ちでいっぱいでお弁当を食べました」、「パパのお弁当はせかいいち。」と感謝の気持ちを投稿した。


うまく作れず、「ゴメンネ」と思いながら夜遅くから朝早くまで頑張ってきた父親の想い、その思いに気付いたみどりさんの涙と感謝の想いが綴られたツイートに、読者からは「思わず泣いた」「記事を読ませていただいて涙が出ました」というコメントが多数寄せられ、7万を超えるリツイートを集めている。