劇中同様の仲睦まじい雰囲気を見せた福士蒼汰&小松菜奈(左より)

写真拡大

 俳優の福士蒼汰と女優の小松菜奈が11日、都内で行われた映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のカップル限定試写会に登場し、お互いに秘密がないほど仲良くなったことを明かした。

 人気小説を映画化した本作は、風光明媚な京都を舞台に、切ない運命を背負ったカップルが織りなすファンタジックラブストーリー。美大生の南山高寿を福士が、彼が一目ぼれする、ある秘密を抱えたヒロインの福寿愛美を小松が演じる。

 ストーリーにちなみ、「好きな人と、あと30日間しかいられないなら何をする?」と質問された福士は「短い期間なので、ちょっとしたサプライズを毎日用意したい。花をあげたり、その花言葉を教えたり、ご飯を食べに行ったときに店の人に何かを用意してもらったり」と具体的なプランを交えて回答。「小さいことでも記憶に残ることをしていけば、それが大きな思い出になるんじゃないかな」と考えているのだとか。

 一方の小松は、「公園に行ったり映画を観たり、普通のことでいろんな感情を共有したい。特別なことをすると(別れが)もっと悲しくなるので、いつも通り一緒にいる時間が大事なんじゃないかな」と語り、観客をうなずかせた。

 「恋人に秘密にすることは?」という問いには、福士は「仕事のことは言わないかもしれない。解決を求めるので、彼女にそれを話しても困らせるだけかなと思うから」と優しさを感じさせるコメント。逆に小松は「言いますね」と秘密を持たない主義であることを告白した。

 そんな、初共演の二人の間に秘密があるかどうかが気になるところだが、二人は「秘密にしていることはないよね」と同調。小松は最初、CMなどでおなじみの爽やかさだけではない、クールで物静かな一面も福士に感じ取り、「現場でもこういう感じでやっていくのかな」と戸惑ったそうだが、同じ末っ子であることがわかると意気投合し、「盛り上がったよね」と笑顔。福士も「クールでミステリアスなイメージがあったけど、会ってみたら無邪気でお茶目な女の子と気づきました。話しやすかったので結構話しました」と撮影時の様子を報告。イベント中は時おり見つめ合ってほほ笑むなど、劇中の恋人同様の仲睦まじさを見せていた。(取材/錦怜那)

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は12月17日より全国公開