キム・ハヌル&ユ・イニョン&イ・ウォングン、映画「女教師」キャラクターポスターを公開…“3人3色の変身”

写真拡大 (全2枚)

映画「女教師」(監督:キム・テヨン) がキャラクターポスターを公開した。

「女教師」は、契約教員の女教師ヒョジュ(キム・ハヌル) が、いきなり正規教員として入ってきた理事長の娘ヘヨン(ユ・イニョン) と、自身が目をつけていた男子学生ジェハ(イ・ウォングン) との関係を知り、「勝てる」と思いすべてを持つヘヨンからたった一つだけを奪おうとしながら繰り広げられるストーリーを描いた嫉妬、それ以上の問題作だ。

今回公開されたキャラクターポスターは、俳優たちの意味深な台詞と眼差しだけで映画への期待を倍増させる。まず、契約教員の女教師ヒョジュ役を務めるキム・ハヌルは、これまでの清純で明るいイメージから抜け出し、寂しく今にも崩れそうな姿に扮して関心を高めた。

さらに「本当にいけないのか、最後まで行ってみようと」という意味深な台詞が加わり、今回の映画で見せるキム・ハヌルの大胆な変身への期待が集まっている。正規教員の新人教師ヘヨン役のユ・イニョンも「わざとではありません」という台詞とともに純粋でありながらも挑発的な魅力で、これまでの健康的で都会的なイメージとは異なる新しい一面を見せている。最後に舞踊特技生のジェハ役のイ・ウォングンは、魅力的な眼差しとともに「僕に何か求めているわけではないですよね?」という台詞で純粋さと悪賢さが共存する立体的なキャラクターの誕生を告げた。

「女教師」は韓国で来年1月5日に公開される。