写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都職員に12月9日、冬のボーナス(冬季の特別給(期末・勤勉手当))が支給された。

支給率は一般、課長、部長ともに2.225月。一人当たり平均支給額(推計)は91万8,830円で、昨年94万3,003円から2.6%のマイナスとなった。

また特別職の支給率は1.70月で、支給額は、副知事341万5,997円、教育長318万411円、議長313万3,015円、副議長282万7,355円、議員251万9,230円。知事167万3,235円で、就任日以降の在職期間により8割支給とし、さらに50%の減額措置を講じている。

職員定数は16万6,819人(警察、消防、教育、公営企業職員を含む)、支給総額は1,550億円。