サプライズ発表! 写真:REX FEATURES/アフロ
Photo by Kevin Mazur/AMA2016/WireImage

写真拡大

 歌手のテイラー・スウィフトが、元「ワン・ダイレクション」のメンバーで現在ソロアーティストとして活躍するゼイン・マリクとコラボレーションした楽曲「I Don't Wanna Live Forever」をサプライズで発表した。大ヒットしたR指定官能恋愛映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編「Fifty Shades Darker」のために制作されたもので、映画のサウンドトラックに収録される。

 スウィフトは自身のインスタグラムに「Z | T | 50」というコメントとともに楽曲のジャケットを投稿。そのすぐあとにはミッドテンポの楽曲が流れる予告編を公開し、再生回数は約3時間で1800万回を上回った。一方のマリクは、「idontwannaliveforever」というハッシュタグとともに、スウィフトとのツーショットを投稿。マリクはスウィフトの愛猫オリビアを抱いて笑顔を見せている。

 現在活動休止中の「ワン・ダイレクション」のメンバーであるハリー・スタイルズと過去に交際していたスウィフトと、昨年3月に突然グループを去ったマリクのコラボレーションにファンはパニック状態。SNSには驚きのコメントがあふれ返り、インスタグラムと同時にTwitterにアップされた予告編は3万2000リツイートされている。

 「I Don't Wanna Live Forever」は、現在アメリカではiTunes等でダウンロードが可能となっている。映画「Fifty Shades Darker」は、17年2月10日から全米公開。