シルエットがすでに別の漫画…
 - (C) 空知英秋/集英社

写真拡大

 これまでさまざまな人気作のパロディーを行ってきた漫画「銀魂」の作者・空知英秋に宛て、“被害者”である「ドラゴンボール」の鳥山明や「ONE PIECE」の尾田栄一郎らから寄せられた色紙とクレーム(!?)コメントが、「銀魂」初となる展覧会「連載完結寸前 大銀魂展〜ツケが回る前にケツを拭け〜」にて展示されることが明らかになった。

 「大銀魂展」は、12月23日〜2017年1月9日まで、秋葉原UDXアキバ・スクエアで開催。作中の名場面を振り返る展示や、オリジナルの映像コンテンツなどが「銀魂」らしい工夫を施して披露される。

 「銀魂」と言えば、社会問題を風刺したり、実在の人物風のキャラクターを登場させたり、人気漫画をパロディーしたりとやりたい放題。この展覧会には、“被害に遭った”漫画家たちから、続々とコメントが寄せられ、空知の反省文と共に掲示される。

 また、空知の仕事場をイメージしたコーナーも展開。貴重なネームや愛用しているペンなども目にすることができる。さらに、会場で展示される原画の多くに、空知のコメントが添えられることが決定。執筆当時の心境やキャラクターへの想いなどを作者自ら語るというファンにはたまらないレア企画となる。(編集部・小山美咲)

「連載完結寸前 大銀魂展〜ツケが回る前にケツを拭け〜」は秋葉原UDXアキバ・スクエアにて12月23日〜2017年1月9日まで開催 一般・大学生1,500円 中学生・高校生1,000円 小学生500円(料金は税込み) ほか販売情報は公式サイトにて