写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GEアビエーションは12月8日、全日本空輸(ANA)とフライト・アナリティクス契約を締結したと発表した。

「フライト・アナリティクス」は飛行データの分析に基づき、燃費効率を向上させるソリューションで、GE アビエーションが日本市場向けに提供するのは今回が初。ANAは同ソリューションの導入により年間約3000億円(2015年度実績)に上る燃料関連費を、年間で1%程度削減することを目指す。

また「フライト・アナリティクス」では、飛行データの解析により、着陸や離陸時をはじめ、飛行中の燃料消費状況を把握できるため、パイロットに対して効率的な運航サポートを提供できるほか、最適な燃料搭載量などをデータ化することで、運用面の柔軟性も高められるとしている。

(神山翔)