ベシクタシュのスタジアム近くで爆破テロ…試合終了2時間後に発生し警官ら38名が犠牲に

写真拡大

▽イスタンブールにあるベシクタシュの本拠地であるボーダンフォン・アリーナの近くで爆破テロが起こった。このテロにより38名が命を落としている。イギリス『BBC』が伝えた。

▽『BBC』によると、爆発は同スタジアムで行われていたトルコ・スーパーリーグ第14節のベシクタシュvsブルサシュポルの試合終了から2時間後にスタジアムの近くで発生したとのこと。爆弾を積んだ車が警察の車に衝突して起こったという。これにより、10名が逮捕されているとのことだ。

▽トルコ政府は今回のテロについて、警察を標的としたクルド人武装勢力への調査結果が関与しているという。なお、38名の犠牲者のうち、30名が警察官だったとのことだ。また、155名が病院で治療を受けており、14名は集中治療室にいるとのことだ。

▽なお、爆発の前に行われていた試合はベシクタシュが2-1で勝利。両チームの選手やサポーターはスタジアムには既にいなかったとのことだ。