がんばるだけムダ!ダイエットに失敗しやすい女子の特徴

写真拡大



いよいよ年末も近づいてきましたね。クリスマスやお正月など楽しいイベントが盛りだくさん。そんな楽しい時期はついつい食べ過ぎてダイエットしなきゃ!と焦ってしまいますよね。でも焦ったところでうまく痩せられるとは限りませんよ。今回はダイエットがいつも続かない人のパターンを紹介します。

■◆目標が高すぎる

「失敗している友達はやっぱりダイエットの目標が高いです。最初は目標が高いと燃える!とかいってがんばって本当にみるみる痩せていくんですけど、途中からやっぱり無理になってます」(23歳/受付)

張り切るのはよいですが、手の届かない目標を立てても続くわけありません。ダイエットの目標が実現可能かわからなくなってきたら、「そのダイエット、一生続けられる?」と自分に聞いてみましょう。スムージだけで一生過ごせる? 白米を完全に抜きにしてもずっと平気でいられる?など。短期間での急激なダイエットは失敗しやすいばかりか健康もそこねてしまいますよ。

■◆食事だけで痩せようとする

「ダイエットがうまくいかない人は、食事だけでなんとかしようとしています。サプリを飲んだり、痩せやすいお茶を飲んだり。そうではなくて運動とか食べる時間や質など毎日の習慣から見直すべきです」(23歳/読者モデル)

極端な食事制限や、サプリ頼みのダイエットは、体調不良を引き起こしかねません。食事のバランスに心掛けながら、運動、睡眠など生活習慣のサイクルを整えることで痩せていきましょう。努力せずに痩せるという考えを捨てて、生活そのものをきっちり見直しましょう。

■◆白黒はっきりつけたがる

「1週間で○キロ太った私はダメだ!今日こんなに食べてしまった私はダメだ!とダイエット中の行動すべてをいいか悪いかではっきり判断する友達がいます。だいたいストレスでやけ食いしてリバウンドをしています」(26歳/メーカー)

自分を追い込んだり、ダイエットという枠にしばりつけて自分をいい悪いで判断したりするのはやめましょう。ストレスはダイエットの大敵です。あまり追い詰めすぎると、やけ食いに走ってよけいに太る…なんてこともあるでしょう。「ま、こんな日もあるよね」「これだけで我慢できてえらい」と自分をゆるく褒めてダイエット期間を過ごしましょう。

■◆他人と比べたがる

「痩せる目標が『〇〇ちゃんより痩せる!』という目標のときはうまくいきませんでした。無理なダイエットに走るし、痩せたところで満足できませんでした。結果、もういいやとなってリバウンド」(22歳/学生)

そもそも骨格が違うわけですから、他人を基準に痩せたって良い体はつくりづらいもの。ダイエットを始める上で大事なのは「なぜ痩せたいのか」ということを自分できちんと考えることです。また、本当に痩せる必要があるのかも考える必要があるでしょう。もしかしたら、筋トレに注力したほうがセクシーな身体になることもあります。他人と比べるのはやめて、なぜ自分は痩せたいのか、今一度確認をしてみましょう。

■おわりに

クリスマスにむけて「痩せたい!」と思ったり、忘年会での暴飲・暴食で「太ったな…」と悩む気持ちはわかります。でも無理は絶対に禁物。まずは生活習慣の見直しから始めましょう。朝ごはんをしっかり食べたり、生活習慣をただすことも痩せへの道です。健康的に痩せ体質をゲットして年末を思いきり楽しんでくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)