11日、トランプ次期米大統領はFOXテレビの番組で、中国本土と台湾は不可分の領土だとする「一つの中国」原則に縛られない考えを示した。写真は「今年の人」として米誌タイムの表紙を飾ったトランプ氏。

写真拡大

2016年12月11日、トランプ次期米大統領はFOXテレビの番組で、中国本土と台湾は不可分の領土だとする「一つの中国」原則について「私は完全に『一つの中国』を理解している。だが、中国と貿易関係などで合意が得られなければ、なぜ『一つの中国』に縛られないといけないのか分からない」と述べた。独国際放送ドイチェ・ヴェレの中国語ニュースサイトが伝えた。

トランプ氏は、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統との電話会談について「数時間前に聞かされた」とし、数週間前から準備されていたとする報道を否定。中国側が抗議したことについては「なぜほかの国が『私が電話に出るな』と言えるのか。電話を取らないのは失礼だ」と述べた。

トランプ氏は番組内で、中国による為替操作や南シナ海の軍事化、北朝鮮への対応などを批判した。(翻訳・編集/柳川)