暴力はいけません…。 - T・J・ミラー
 - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

写真拡大

 映画『デッドプール』でウィーゼルを演じ、『ヒックとドラゴン』シリーズでタフの声を演じている俳優のT・J・ミラーが、ウーバーの運転手への暴行容疑で逮捕されたとTMZ.comが報じた。

 米テレビドラマ「シリコンバレー」に出演しているT・Jは、GQマン・オブ・ザ・イヤー・パーティーの帰りに配車サービスのウーバーを呼んだところ、車内でトランプ次期大統領の話題でケンカとなり、自宅に到着したところで運転手の頭をたたいたらしい。怒った運転手は私人逮捕をし、警察に通報。E! News などによると、T・Jは2万ドル(約220万円)の保釈金を支払い、釈放され、後日出廷するよう指示されたという。(1ドル110円計算)

 T・J は、12月11日(現地時間)に放送映画批評家協会賞の司会を務めることになっており、今回の逮捕劇で降板させられるかが注目されたが、協会側は「彼の司会を楽しみにしている」と The Wrap にコメントし、予定通り司会を任せることを明らかにしている。(澤田理沙)