「未婚男性の10人に7人は彼女がいない」は本当か?

写真拡大

■日本人男性の精子は減っていない?

「テレビの前では言いにくいが、一般に日本人男性の精子の数が、親世代の半分ぐらいになっているといわれている」

10月18日の国会で、日本維新の会の松浪健太議員が、塩崎恭久厚生労働相に見解を求めた。これに対して、塩崎大臣は「日本人の精子の濃度が下がっているということだが、日本では2001(平成13)〜2003(平成15)年度にかけて男性の生殖機能に関する疫学調査研究をした。日本人の精子が減少している傾向は認められない、と指摘されている」と答弁した。

どうやら、松浪議員はTTP(環太平洋戦略的経済連携協定)で増加が見込まれている輸入食品の安全性ついての質問の“枕”として、この質問を行ったようだ。今や少子化の原因は食の安全にまで関連しているのか。

2015年国勢調査の結果によると、日本の総人口は1920年の調査開始以来、初めての減少となった。特に、昭和20年代には40%近かった15歳未満の人口割合は12.7%にまで低下、少子化の現状が浮き彫りになっている。

なぜ、少子化が進んでいるのか。その要因として、非正規雇用の増加などにより、若い世代の所得が伸び悩んでいることが挙げられる。若い世代が、低所得により結婚もままならず、子供の養育費を負担できない状況が少子化の要因として多く指摘されている。しかし、本当にそうなのだろうか。所得が低いことだけが、少子化の原因なのか。

■リーマンショックが禁欲の引き金か?

ここに驚愕のデータがある。18歳から34歳の未婚者のうち「異性との性交渉の経験がない人」が男性で42.0%、女性で44.2%もいるというのだ。この調査は、国立社会保障・人口問題研究所が実施した「第15回出生動向基本調査」。5年ごとに実施されており、今回、独身者に対しては調査票1万1442票を配布、有効票数は8754票で有効回収率は76.5%だった。その内容はグラフの通り。

これを見ると、日本人は異性に対する興味を失ってしまったのではないか、それが少子化の原因なのではないか、とすら思えてしまう。

同調査では、結婚に対する意思や交際相手についても調査が行われているが、結婚に対する意思では、未婚者のうち、「一生結婚するつもりはない」と答えた人の割合は男性で12.0%と初めて2ケタ台に、女性で8.0%に上っている。

また、未婚男性のうち、「交際している異性はいない」と回答した人の割合は男性69.8%(2010年61.4%)、女性59.1%(同49.5%)と急速に増加している。未婚男性の10人に7人には彼女がなく、10人に1人は一生結婚するつもりがないというのだ。

やはり、少子化の最大原因は若い世代の低所得にあるのではなく、異性に対する興味を失ったことか、動物的な生存本能の低下にあるのではないか、と疑いたくなってしまう。

ところが、この未経験の未婚者のデータを見ていると、2005年を境にして未経験率が増加に転じ、その後年々未経験率が増加していることが分かる。確かに、未経験率が増加を示した2010年からはリーマンショック後の就職氷河期を迎え、この時期から非正規雇用者が急増し始めるのだ。やはり、これが若い世代の異性に対する興味の喪失か、“禁欲”の引き金になっているのだろうか。

(ジャーナリスト 鷲尾香一=文)