牛乳やヤギのミルクから作られるチーズが一般的に知られていますが、セルビア共和国のザサヴィツァ自然保護区には、ロバのミルクで作られる「ドンキーチーズ」が存在します。少量しか採れないため世界一希少で高価なチーズとなっているのですが、ロバのチーズがなぜ作られるようになったのかについては、生産者が語るショートドキュメンタリーを見るとわかります。

The World's Most Expensive Cheese Is Made from ... Donkey Milk? - YouTube

以下に映っているのは世界で唯一ロバのミルクからチーズを作っているスロボダン・シミックさん。



ドンキーチーズが作られているのはセルビア・ザサヴィツァ自然保護区にあるロバ牧場。ここでは300頭近くのロバが飼育されています。



しかしロバは秋にしかミルクを出さず、牛やヤギのように大量のミルクがとれないため必然的に希少になります。



ある日シミックさんは「なぜロバのミルクで作られたチーズはあまり見ないのか?」と思い立ち、調べたところ世界中のどこにも「ロバのチーズ」は存在しないことに気付いたそうです。これにはロバのミルクが希少であるだけでなく、作り方が難しいという問題も存在します。



ロバのミルクには牛乳やチーズに多く含まれるカゼインが十分に含まれていないため、通常のチーズの製法ではうまく凝固しないという問題があるとのこと。



以下は実際にドンキーチーズを作っているところですが、ロバのミルクを凝固させる製法については企業秘密。



通常のチーズの製法に比べると、ドンキーチーズは完成までに非常に時間がかかるそうです。



希少な原料と時間のかかる秘密の製法により大量生産できないことから、ドンキーチーズは世界一希少で高価なチーズになっているというわけです。



さらにロバのミルクでチーズを作っているのは、世界中でシミックさんの牧場だけというのも、希少価値を高める要因の1つです。



完成したチーズは以下のように容器に詰められ、ひっくり返すと……



こんな形に固まって完成。



チーズは以下のような紙箱に入っているようです。



箱の中には金色の紙箱が入っており、高級感があります。



中にはほんのちょっとしか入っていませんが、セルビアを訪れた際にはぜひ食べてみたいチーズとなっています。なお、価格は1kgあたり880ポンド(約12万7000円)とのこと。