「指原議長とアイドル国会」に出演するLinQの山木彩乃、高木悠未、新木さくら(左から)

写真拡大

アイドルたちの抱える悩みや未来への展望を見据えていく特番「指原議長とアイドル国会」が、12月22日(木)夜2時15分からフジテレビで放送される。

【写真を見る】エンディングでモーニング娘。の「LOVEマシーン」を歌って踊るLinQメンバー

HKT48・指原莉乃が“アイドル国会”の議長となり、「アイドルSNS活用問題」「─セカンドキャリア」「─センター問題」から「─好きな食べ物問題」などをテーマに、集まった12組のアイドルたちが“ぶっちゃけ”トークを展開。

福岡を拠点に活動するアイドルグループ・LinQからは新木さくら、高木悠未、山木彩乃が出演。番組に参加した感想など、収録直後に話を聞いた。

――約3時間に及ぶ長丁場でしたが、収録はいかがでしたか?

山木:私自身、アイドルさんがたくさん出演する番組に出ることが初めてだったので、すごく緊張しました。皆さんキャラクターがあって、ガツガツしてるなって思いました。自分もしゃべっていこうと思っていたんですが、圧倒されて…。いつしか勉強するスタンスになっちゃいましたね(笑)。

「地方やけん」ってまだまだ負けられんし、地方のアイドルだからこそ、もっと東京の方に負けないという“負けん気魂”のスタンスでいなきゃいけないのかなって考えました。

高木:私たちLinQは「福岡を拠点に全国へ」というコンセプトで、メンバーもみんな九州出身なんです。でも、今日の収録で東京のアイドルさんたちの雰囲気から、育った環境の違いをすごく感じました。東京のアイドルさんたちは例えるなら満員電車みたい。ひとつ席が空いたらすかさず座るみたいな環境だと思うんですけど、福岡って意外とそういう環境がなかったので、本当に空気が違うなって思いましたね。

でも、だからこそ今回の体験はすごく自分にとってもいい刺激やなって感じました。やっぱり、ひな壇トークは難しいなってぶっちゃけ思いましたね(笑)。普通だったら会話のキャッチボールができるところも、ひな壇だと難しいなとすごく感じました。

ライブなどでもMCをやったりしますが、知っているメンバーの中だからできるんですよ。今回は(共演者を)あまり知らないし、フォローもし合えるというわけじゃないので。だからこそ、いつもの自分たちの空気感だけの環境にいるというのは甘えなのかなって思いました。

新木:私はLinQの中にいてもあまりしゃべる方ではないので、今回みたいなバラエティー番組に出ると、周りのアイドルさんたちはすごいなって思いました。私もこういう風にしゃべることができたらいいなって勉強にもなりました。そういう意味ではすごく良い機会でした。

――印象に残っているアイドルグループはいますか?

山木:わーすたさんの間の入り方とか、ばっと入るんじゃなくて、話が終わったなっていうところで優しく自分たちの意見を挟んでるところがいいなって思いました。今回は本当に勉強になる部分が多かったです(笑)。

新木:アプガ(アップアップガールズ(仮))さんは、私にはないタイプだったのですごいなって思いました。あそこまではできないけど、ああいう風にできたらいいなって思いました。

――大勢のアイドルたちが集まる中、トークに入っていくのは大変だったと思いますが、収録中に話せなかった“とっておき”の話はありますか?

高木:卒業後の「セカンドキャリア」なんですけど、私は長くアイドルを続けたいという思いがあるんです。アイドルとしてステージの上に立てて、照明さんや音響さんなど支えてくれるスタッフがいて、応援してくれるお客さんもいて…こんなに幸せなことはないなって思うので。

ドラマの女優さんみたいにテレビ越しとかではないので、お客さんの生の声援が聞こえて、こんなに幸せなお仕事ができてるんだって考えたら、立てるまでずっとステージに立っていたいなと思ってます。本当にこの仕事に誇りを持っています。

山木:収録中に(高木が)それを言いたそうにしてたの、すっごい伝わってた(笑)。

高木:皆さんもアイドルをやっていて、そういう瞬間があるんだろうなって。テレビを見ている人にも「アイドルってこう思っているんだ」というのを知ってほしいなと思ったんです。

――最後には、出演アイドル全員でモーニング娘。の「LOVEマシーン」を披露されていましたね。

高木:新鮮ですよね。アイドルの皆さん、それぞれ個性があった踊り方とか自分たちの見せ方があると思っていたので、すごく貴重な時間でした。しかも、大先輩の「LOVEマシーン」を踊れるというのはなかなかないから、すっごくうれしかったです。

――ちなみに、MCの指原さんにはどんな印象を持ちましたか?

山木:一人一人のキャラクターを見ようとしてくださる姿勢がすごいなって思いました。いろいろなアイドルの話を拾ったり、突っ込んだり、同じアイドルなのにすごいなって思いました。

――同じ福岡で活動するHKT48との共演はいかがでしたか?

高木:お互いの劇場も近くなので、ファンの方同士も行き来したりとか、そういうのもあるので、私たちもHKT48さんができてすごくうれしかったです。「福岡がもっと盛り上がるやん」って。だから、今回も同じ福岡として共演できてうれしかったですね。