OnePixcelが1stシングル「TONDEKE/Analoganize」をリリース。傳彩夏、鹿沼亜美、田辺奈菜美に話を聞いた

写真拡大

ガールズユニット・OnePixcelが11月23日、1stシングル「TONDEKE/Analoganize」を発売。メンバーの傳彩夏、鹿沼亜美、田辺奈菜美の3人にインタビューを行った。

【写真を見る】「Analoganize」の見どころは、傳ちゃんのダンス!

OnePixcelは'15年9月に結成されたユニットで、これまで単独ライブや対バンライブなどを開催。'16年6月には、1stミニアルバム『ZERO』をリリースした。

今回のインタビューでは1stシングル「TONDEKE/Analoganize」や今後について、さらにクリスマスや正月の思い出などを聞いた。

――初めに、1stシングルの「TONDEKE」「Analoganize」がどんな曲かを教えていただけますか?

田辺:「TONDEKE」はかわいくてポップ。振付もみんなでできるような振りになっていて、楽しい曲です。

傳:ライブでも、ファンのみんなに「踊って」って言って、雑なレクチャーをして(笑)。

鹿沼:雑じゃないんだよ! こっちは真剣にやってるつもりなの。

田辺:雑になっちゃうんだよね。時間がなくて、「もういこう!」って。

――ファンには伝わってますか?

鹿沼:多分!

傳:「YouTube見て!」って言ってます(笑)。

鹿沼:亜美は伝わってると思ってる。でも、ライブを重ねていくごとに結構踊ってくれるようになって、恒例化してる感じの曲ですね。

――ライブ会場で一体感を出せる曲ということですね。ファンと一体になれてますか?

鹿沼:若干(笑)。

傳:個人個人で楽しんでる感じ?

鹿沼:ノリながら聴いてる人もいれば、一緒に踊ってくれてる人もいるし、踊ってくれない人もいますね(笑)。

傳:レクチャーしてるのはサビだけなんですけど。

田辺:レクチャーしてないところの振り付けもね。

傳:そこも完璧に踊ってる人もいて。

鹿沼:嬉しいよね。

田辺:それと真逆の曲が、もう1曲の「Analoganize」です。

鹿沼:ギャップ?

田辺:格好いい系で、とにかく傳ちゃんのダンス!

鹿沼:傳ちゃんのダンスがあるんですけど、それはライブじゃなきゃ見られないんですよ。

傳:CDは無言だから。

鹿沼:そう! 傳ちゃん、無言だから。

傳:最初と最後のラップ部分しか出てこないから。

鹿沼:ライブに来てくれれば、「Analoganize」のもう1つの見どころ「傳ちゃんのダンス」が見られます! どっちもライブで聴いてほしい曲ですね。

傳:ぜひ、ライブに!

――その「傳ちゃんのダンス」とは、どんなダンスですか?

鹿沼:いや、もう上級者しかできないと思います。

傳:いやいや(照)。

田辺:亜美と私はできないんですよ。傳ちゃんにしかできないですね。

鹿沼:やろうと思っても、傳ちゃんがやってる形にはならない。

田辺:ならない。奇麗にはできない。

鹿沼:やっぱり、ファンの方も傳ちゃんのダンスには驚いてる感じです。

傳:でも、まねしてくれてる人いるよ。

鹿沼:「まねしたよー」って言って、「次の日に肩が痛くなったよ」って(笑)。

傳:整骨院に行くって言ってた(笑)。

鹿沼:そういう人がいるから、やっぱり傳ちゃんだけのダンスですね。

――激しいダンスなんですね。

傳:激しく…ない?

鹿沼:傳ちゃんにとっては激しくないかもしれないけど、見てる側からしたら激しい。

田辺:すごいなーって。

傳:忙しそうだね。

鹿沼:忙しそう。

――ライブに来て、見てもらいたいですね。個人的な聴きどころ、見どころはありますか?

田辺:「TONDEKE」のMVがYouTubeに上がっているんですけど、それのダンスは頑張りました。次の日、筋肉痛になりましたもん。

鹿沼:「TONDEKE」のMV撮る時、ダンスはめっちゃ気合入れた。見どころといったら、「TONDEKE」はMVですね。

田辺:「TONDEKE」のMVは面白いよね。

鹿沼:「Analoganize」はやっぱり、傳ちゃんのダンス!

傳:いや、2人の歌も!

――鹿沼さん自身の見てほしいところはありますか?

傳:彩(傳)、「Analoganize」でBメロの亜美のソロが好き。堂々としてます。

鹿沼:ありがとうございま〜す(笑)。

田辺:センター・鹿沼亜美です!って。

傳:そう! センターに鹿沼亜美、登場!みたいな感じで好き。

鹿沼:ちょっと、照れちゃうからやめて(照)。「TONDEKE」は、ななみん(田辺)の歌い方が好き。歌う前に「うん」って入れるんですよ。1テンポ間があるところが好きです。

傳:分かる、分かる。かわいいよね。

鹿沼:あと、落ちサビ? 亜美と傳ちゃんがやってるんですけど、そこの切なさを2人で表現してるんですよ。サビは結構大きめに声を出してるんですけど。

傳:かわいくやってるけど。

鹿沼:落ちサビは切なさを出すために、声を小さめにして感情を込めて歌っているので、そこは注目してほしいところかなと思います。

傳:でもさ、YouTubeに上がってたから見たの。2人とも顔が険しい。集中し過ぎて、そこの顔が険しくなってて。

鹿沼:あそこは音を外しちゃダメだって思いながら。

傳:そう、音が薄いからね。

田辺:でも、スポットライトが2人にパッて良くない?

傳:そうだね。険しかったから、もうちょっと笑顔でやろうって思った。

鹿沼:切なさを演出できてると思うから、そこはぜひ見てほしい。

――MVも切なさを表現してるんですか?

鹿沼:MVは切なくないよね。笑顔でやってます。

傳:MV、どうなってたっけ?

田辺:背景が動いてて、3Dみたいな感じ。

鹿沼:MVは本当に面白い! コマ撮りになってるとこもあるので、何回も見られるよね。全部違う感じで。

傳:見てほしい!

――2曲とも、映像込みで楽しめるんですね。

鹿沼:今回の曲は聴いてもらうだけじゃなく、ライブにも来てほしいし、映像でも見てほしい。

田辺:違った楽しみ方ができる気がします。

――1stミニアルバムは“前哨戦”ということでしたが、今回は第1歩として満足できるものになっていますか?

一同:なってます!

――その“前哨戦”から半年経ちましたが、心境に変化はありますか?

鹿沼:前ももちろん頑張ろうと思ってたんですけど、今回はより思った。

田辺:目標が具体的になった感じ? 見えてきたというか。

鹿沼:3人の気持ちが固まったというか。フワッと「頑張ろう!」と思ってたのが、「頑張る!!」になりました。

傳:思ってる事が一緒になりました。

田辺:同じ所を向いてます。

――その目標って、具体的に言えるものですか?

鹿沼:言葉にできないよね。

傳:3人でよく語ってるんですけど、その時も。

鹿沼:とりあえず、「頑張ろう!」で終わるんですよ。「今は頑張ろう!!」って。「頑張ろう!」しか言ってないけど(笑)。

田辺:何て言えばいいんだろう。

傳:言葉、本当に下手だね。

――イメージしている形や景色ってありますか?

田辺:想像して楽しんでるよね。

鹿沼:取りあえず、自分たちが大きいステージに立ってて、お客さんもたくさん入ってて。

傳:セットもいろいろあって。

鹿沼:今よりも自分たちの実力が上がって、いろんな事ができるようになって、みたいなことを話してます。

――クレーンカメラで撮られたりとか?

鹿沼:やりたいね!

――アンコールで風船が降ってきたりとか?

田辺:そういう感じ。

鹿沼:それですね!

田辺:パン!パン!がバーン!!って。あと、外で水掛けたり。

鹿沼:そうだね。夏は水をバーってやりたいね。効果音、多過ぎ(笑)。具体的ではなくて。

田辺:何年後に、どこに立ってたいとかじゃないよね。

鹿沼:OnePixcelを見てくれる人、知ってくれる人を増やしたいって思いが強いです。

【OnePixcel・ななみん、人見知りで小中学生にも緊張する へ続く。同記事は12月13日(火)朝6時配信予定】