来春のフランス大統領選(普通選挙、2回投票制)を半年後に控え、現職のフランソワ・オランド大統領(社会党)の支持率低下が止まらない。急激な緊縮財政の実施で税金や物価が上昇したうえ、約10%の高失業率の改善には失敗するなど、オランド大統領の公約違反に国民の怒りや反発が渦巻いている。

 その歴史的低支持率のフランソワ・オランド大統領が12月1日に突如、大統領選への再出馬断念を発表した。

 一方、その直後に予備選への出馬を宣言したのが、同じ社会党のエース格、マニュエル・ヴァルス首相である。

 しかし、ヴァルス首相の支持率も下降気味だ。そのため、大統領選の決勝戦で与党の候補が消える可能性は依然として高い。

 逆に、右派陣営の候補者の人気は高まっている。ヴァルス首相が予備選への出馬を宣言した直後に発表された最新世論調査によると、大統領選の1回目投票の予測では右派と中道右派の統一公認候補、フランソワ・フィヨン元首相の得票率が23〜29%でトップ。2位につけているのは、極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首だ。この2人が決戦投票に進み、最終的にフィヨンが約67%(ルペンは33%)の得票率で圧勝するだろうと予測されている。

ヴァルス首相がオランド大統領に引導

 ヴァルス首相は12月5日夕方、来年1月に実施される予備選への出馬を表明し、翌日に首相を辞任した(後任はベルナール・カズヌーブ内相)。

 オランド大統領は支持率が前代未聞の4%を記録するなど極めて国民から不人気だが、なんとかして再出馬する道を探っていたと伝えられる。しかし、フランスの各種メディアによると、11月末のヴァルス首相との2人だけの昼食の席で、引導を渡されたらしい。

 ヴァルス首相がオランド大統領に「予備選に出馬しても勝ち目はない。予備選を経ずに大統領選に直接出馬したとしても、決戦投票に進出できる可能性は限りなく少ない」と諭したとのことだ。関係者によると、昼食後、オランド大統領は「グロッキー状態」だったが、ヴァルス首相は「作り笑い」をしていたという。

 ただし、ヴァルス首相の支持率も下降気味だ。

 現在、左派陣営で支持率が高いのは、前経済・産業・デジタル相のエマニュエル・マクロン氏と、「左翼党」の党首、ジャン=リュック・メランション氏の2人だ。最新の世論調査では共に支持率は14%。ヴァルス首相の支持率も13%と拮抗しているが、予備選で勝利できる保障はない。

社会党内でも敵だらけ

 ヴァルス氏はオランド政権発足時(2012年)に内相として入閣し、2014年に首相に就任。この5年間、陰に陽に大統領を支えてきた。

 だが社会党内では、これまで大統領に「忠誠」を誓ってきながら土壇場で野心をむき出しにして裏切ったヴァルス首相への反発は強い。

 そもそもヴァルス首相は社会党内で敵が多い。例えば、予備選に出馬表明しているアルノー・モントブール元経済・再生・デジタル相や、ブノワ・アモン前国民教育相は、かつてオランド大統領の極端な緊縮財政を批判したために2014年の内閣改造時にヴァルス首相に体よくクビを切られた。それだけに、ヴァルス首相への恨みは深い。ヴァルス首相が予備選に出馬したことで、ますます敵意を燃やしているといわれる。

 オランド大統領を支持する社会党員の中には、ヴァルス首相に抵抗する意味で、エマニュエル・マクロン(前経済相)支持を表明する者もいる。マクロンは社会党を離脱し、無所属で大統領選に出馬する。

 社会党内には、「ヴァルス以外なら誰でもOK」という声も聞かれ、ヴァルス首相に代わる予備選候補者を推す動きも出ている。候補とされている人物を何人か列挙してみよう。

●マルチーヌ・オブリ元労働相(リール市長)

 2012年の大統領選の際、オランド氏と予備選を争った。彼女は大統領にも批判的だが、ヴァルス出馬に関するコメントを求められた時、ヴァルス支持も表明しなかった。

●クリスチャーヌ・トビラ元法相

 ヴァルス首相とは閣僚時代に犬猿の仲だった。彼女自身、過去、大統領選に出馬したことがある。

●マリソン・トゥレーヌ社会問題・健康相

 このところ健康問題で点数を稼いでいる。オランド政権発足以来、社会問題・保健相を務め、ヴァルス首相の後任として首相候補にも挙がった。ヴァルス首相がイスラム教徒女性向けの全身を覆う水着「ブルキニ」の禁止に賛成を表明した時、「人種差別を助長する」としてヴァルス首相と対立する一方、オランド大統領には終始一貫して忠誠を誓っていた。

●ヴァンサン・ペイヨン欧州議員(元国民教育相)

 12月7日、正式に予備選への出馬表明を行った。

 予備選への候補者は、左派、右派を合わせて、12月15日の届け出締め切りまでには20人近く(社会党の候補者は10人近く)に上ると予測されている。

大統領選に向けて一致団結を訴えるが・・・

 ヴァルス首相自身は身内から嫌われていることを重々承知している。12月5日の出馬宣言ではこれまで「きつい言葉」を発したことを認めた上で、「我々はもちろん一人ひとり異なる。しかし、我々は一致団結しなければならない」と強調した。

 だが、党内を「分裂」させた後遺症は容易には回復できそうもない。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:山口 昌子