ウラル山脈は中学の地理でアジアとヨーロッパの境界として紹介されるので、名前を聞いたことある方は多いだろう。このウラル山脈は文字通り宝の山である。金、銀、プラチナ、エメラルド、トパーズ、孔雀石など、多くの貴金属や宝石を産出してきた。

 この宝の山はただ直接的に財宝を生み出しただけでなく、工業を発展させ、ウラル山脈周辺はロシアの中でも最も工業が進んだ地域になった。宝の山の恵は姿を変えて発展し、現在の企業活動に恵をもたらしている。

 ウラル山脈が宝の山であることは欧米ではよく知られ、欧米企業のこの地域での活動は大変活発である。宝の山ウラル山脈と山の恵がどのように享受されているかを語りたい。

文字通りの宝の山ウラル山脈

 モスクワのクレムリンの中にダイヤモンド庫と呼ばれている場所があり、ロシアの誇る財宝が展示してある。宝石に埋め尽くされたきらびやかな工芸品もすごいのだが、ロシアで産出した金、プラチナ、ダイヤモンドが並べてあるコーナーも、そのぶっきらぼうな並べ方が印象深い。

 一抱えもあるようなサイズの金やプラチナがゴロゴロ、大粒のダイヤモンドがジャラジャラという感じである。こうしたものは1つあれば十分ありがたいのであるが、まるでいくらでもあるので、たくさん並べているかのようだ。

 この大粒というか、ゴロゴロ置いてある大きな塊の金やプラチナの産地がウラル山脈なのである。帝政時代はロシアの金やプラチナの産地と言えばウラルだった。帝政時代のプラチナ貨には“ウラルのプラチナ“と刻印されている。

ウラル山脈から産出した自然金。ウラル地質博物館に展示されていたもの。最大36kgのダイヤモンド庫の金にはかなわないが、握りこぶし大はあった


 金やプラチナだけでなく宝石も産出する。エメラルド、トパーズ、アレキサンドライト等種類も多い。ロシアの宮殿にある孔雀石の柱や工芸品もウラルの孔雀石でできている。ウラル山脈はロシアのきらびやかな宮殿に展示されている豪華なロシアの財宝に、原材料を供給してきたと言っていいだろう。

ウラル山脈のエメラルド。ウラル地質博物館に展示されていたもの。スイカくらいのサイズであった


 ウラル山脈から産出するものは金銀財宝だけではなく、鉄、銅、鉛、亜鉛、クロム、マグネシウムといった工業に不可欠な資源も産出する。ウラル山脈は文字通りの宝の山であっただけではなく、こうした資源を金属にし、さらに工業製品にする産業化が帝政時代から進んでいた。一時期、ヨーロッパで使用され鉄の産地のトップがこの地域であったと聞く。

 現在でもウラル山脈で金やプラチナの採掘は行われているが、金はロシアの別の産地でも大規模に採掘されるようになり、プラチナの大産地の地位はシベリアの別の宝の山に移行した。

 ロシアの工芸品として有名な孔雀石細工はアフリカから輸入した孔雀石を使うようになった。他の金属においても、必ずしもウラルのみがロシアの大産地であるわけではない。しかし、工業化したという宝の山の恩恵は今でもしっかり残っている。

宝の山の工業化

 金やプラチナの塊は金属の形態で産出するし、存在しているだけでも意味があるので地面から出てきただけで十分な価値を持つが、他の金属はそうではない。鉄鉱石など汚らしい錆びの塊のようなもので、そのものだけでは価値もなければ役にも立たない。当然、価値を持つには金属に精錬しなければならない。

 これが工業化の一歩であった。現在でもマグニトゴルスクやニジニタギールなどウラル山脈に沿って製鉄所は多いし、UMMC社やチェリャビンスク亜鉛工場社など他の金属を作る企業は多も多く存在する。ウラル山脈の工業はロシアの他の工業地帯と違い、現在でも金属産業が特に盛んである。これが現在のロシアにおいては魅力を発揮する。

 金属産業はロシアが資源を持つという強みを発揮でき、自動車のようにスペックだけで測れない細やかな品質や多くの種類の部品のレベルが揃っているといったロシアが苦手とする要素もなく、ロシアが一定の輸出競争力を持つ分野である。実際、ロシアの金属は大半が輸出されている。

 現在、ロシアは不景気である。そして、通貨ルーブルは安い。そのため、ロシア市場で商売をしている企業は厳しい。海外から輸入してロシアで販売するような商売はさらにとても苦しい。

 一方、ロシアで生産し海外に輸出する企業は、コストはルーブル安で昔の半分、売り上げのドルなりユーロなりの価値は変わらずということで、円安で日本の自動車メーカーが儲かるのと同じ仕組みで儲かっている。

 つまり、ロシアの金属産業は追い風を受けているのである。例えば、7月に訪問したUMMC社(ロシア語でУГМК)はその1つである。この会社の本業は銅の精錬だったが、銅の副産物の貴金属やレアメタルも製造する。

 さらに銅を用いた電線や熱交換器を作り、また銅以外の非鉄金属の生産、製鉄、石炭採掘などのビジネスも手掛ける。売り上げは約9000億円。日本の感覚でも大企業である。

UMMC社製の金と銀 銅の副産物として金、銀の生産がされるが、原料としてウラル産の自然金を投入することもあると言う


 ウラル山脈周辺の中心都市エカテリンブルク市をすぐ出たヴェルフニャヤ・ピシュマ市に入ると、UMMC社の企業城下町であった。UMMC大学やUMMC病院がある。

 こうした企業が持つインフラは社会主義時代の企業丸抱えの学校や病院のように聞こえ、ソ連時代のそうしたものは廃墟のような外観だったりする。しかし、UMMC社のものは建ったばかりのきれいな建物である。街の雰囲気も明るい。

 ロシアの企業や自治体に行くと、投資してくれと言われることが多い。しかし、UMMC社では投資してくれなど一言も言われない。

 一方で、日本の技術を買いたいという話が出た。UMMC社も他のロシアの金属メーカーと同じく製品の高付加価値化がテーマなのだが、製品高付加価値化を自分で進められるだけの資金力がある証拠である。

 銅の価格を見ると価格は下落傾向である(最近少し持ち直したようだが)。原油はルーブルと同じくらい落ちたのだが(原油と連動してルーブルが落ちるという言い方が正しいようだ)、銅の価格はルーブルほど落ちない(数十パーセントの下落率の差がある)。この差が利益押し上げ要因である。

 もちろん、ロシアの景気は良くないので、ロシア国内の売上減という利益押し下げ要因もあるが、ロシアの金属産業は輸出産業なので不景気の影響を受けにくい。ウラル山脈の周辺は金属産業が盛んなので元気な企業が多い。

宝の山のさらなる波及効果

 宝の山の恩恵にはまだ続きがある。ウラル山脈周辺には直接ウラル山脈の資源と結びつかない産業も育ち始めた。

 ウラル山脈に金属資源がない金属メーカーまで、ウラル山脈にいる。以前紹介した航空機用チタンでボーイング社が40%も依存しているVSMPO-AVISMA社は、資源があるからではなく偶然そこに金属加工用設備があったからこの地域にやって来た。原材料はよそから持ち込まれている。

 実は、金属を作ることそのものにさらなる工業化のニーズが含まれる。例えば、鉄を作るのであれば巨大な溶鉱炉が必要であるし、鉄を鉄板にする圧延機が必要である。また、鉱山採掘も大規模な掘削機のような機械が必要である。

 こうしてウラルの工業地帯では重機械も作るようになった。その代表企業がウラルマシュ社である。ロシア語の略語УЗТМのロゴは、ロシアの金属系の企業に行くと設備にプレートが貼ってあることが多く、おなじみである。

 例えば、VSMPO-AVISMA社のチタン板を作る圧延機や3万t鍛造機を作ったのはこの企業である(ちなみに同社最大の7万5000tプレスはウクライナ製)。

ウラルマシュ社の圧延ロールの製造風景


 世界で一番深い穴はロシアの12キロの深さの穴らしいが、その穴を掘ったのもウラルマシュ製のリグだそうだ。また、こちらは驚かれると思うが、日本の製鉄会社はウラルマシュ社の溶鉱炉の技術を1960年代に導入している。

 後工程がイマイチであったことや、社会主義の仕組みが悪さした要因から最終製品は評価が高くなかったが、ウラルマシュ社の溶鉱炉の技術は世界最先端だったのだ。

 さらに、金属を使って何かを作ろうという工業も育っていくため、直接金属産業で使うわけではない機械産業も育っていく。

 実は、日本でも金属資源をベースに機械産業が育っていった例がある。例えば、日立グループも銅を採掘した日立鉱山が源である。日立鉱山で使う機械製造や日立鉱山で産出した銅を利用した電気機械の製造から今日のように発展した。

 金属産業を顧客にしない機械製造として代表的なものは石油・ガス産業向け機械である。ウラル山脈はヴォルガの油田地帯と西シベリアの油田地帯に挟まれてはいるが、ウラル山脈の東西の一定の幅には地質的な理由で金属資源はあるが石油が出ない。しかし、石油・ガス産業で使う様々な機械や資材はやはりウラル山脈の工業地帯で作られる。

 掘削リグのウラルマシュNGO社(先ほどのウラルマシュ社から分かれた企業)、パイプラインのバルブを作るコナル社、化学プラントのウラルヒムマシュ社、パイプラインの鉄パイプを作るTMK社などなどが思いつくところである。

 この業界は、ロシアの石油・ガス産業からルーブルで支払いを受けるため、海外から設備を買う場合は資金的に苦しい。しかし、石油・ガス産業が続く限り、一定の消耗品の交換需要があり、海外製品のルーブル建て価格上昇によって国産化切り替えもなされている。中には、制裁のおかげで儲かったとニヤニヤしながら語っていた人もいた。

 現在、ウラル山脈を挟んだ4つの自治体(スヴェルドロフスク州、チェリャビンスク州、ペルミ地方、バシコルトスタン共和国)の合計面積はロシアの3%しかないにもかかわらず、ロシアの工業生産の約15%を生んでいる。さらにその中身はロシアの中では元気な金属産業が多い。

日本はこの宝の山の恩恵を受けているか

 外国がウラルの宝の山の恩恵を受けるとは、必ずしもウラルの金属を輸入して利用するということだけではない。

 ロシアの工業生産の15%を生み出す企業活動はもちろんビジネスチャンスを提供する。欧米企業はそれをよく分かっており、活発に商売をしている。

 ウラル地方の工場に行けば欧米製の設備に工場が埋め尽くされている。以前紹介したVSMPO-AVISMA社では旧シンシナティ社の工作機械、レッヒャー社やソーラー社の工業炉などが先ほどのウラルマシュ社の機械と並び使用されている。

 先ほど触れたUMMC社でもキュンツ社のクレーンがオートクンプ社の技術の入った電解設備に粗銅を投入し、出来上がった電気銅はSMS Meer社の連続鋳造設備で粗引き線にされ、ニーホフ社の機械で電線に加工されていた。

 これらはすべて欧州のメーカーであり、1つくらいは日本製品を見てみたかった。

UMMC社の銅電解設備。クレーンにキュンツの文字が見える。設備全体はフィンランドのオートクンプ社の技術の入ったものとのこと


 ヨーロッパは日本が江戸時代だった時からこの地域と付き合いがあったわけだが、距離的には日本よりも遠い米国企業も活動中である。

 例えば、ロシアの工場に行くとよく見るハース社の工作機械はスペック的に輸出規制の対象とならないため、制裁後でもかまわずロシアで商売繁盛だそうだ。

 廉価品であるので航空産業のような場所では見ないが、なにがしかの機械加工をやっているロシアの企業では必ずと言っていいほどハース社の機械がある。もちろんウラルの工業地帯ではいくらでも見る。先ほど触れたVSMPO-AVISMA社の旧シンシナティ社の工作機械やソーラー社の工業炉も米国製である。

 欧米企業はウラル地方で製品を売るだけではなく、もう一歩進んだ関係を作っている。ボーイング社はVSMPO-AVISMA社と合弁で機械加工工場を作りボーイング787の部品を製造中だが、さらに大きい第2工場がそろそろ完成である。ジーメンス社は地元のシナラ社と合弁で設立したウラル機関車社でジーメンス社の技術で電車や電気機関車を作り、9月に開業したモスクワ中央環状線にも電車を納入している。

完成間近のボーイング社とVSMPO-AVISMA社の合弁の第2工場


ウラル機関車社製の電車(出所:ウラル機関車社Website) ジーメンスが開発したDesiro MLという電車をロシア向けにカスタマイズしたもの。ロシアではラストチカと呼ぶ


 では、日本企業はどうであろうか。もちろん、ウラルの価値に気が付き商売をされている方もいるし、合弁企業もある。しかし、欧米企業がやっているレベルとは程遠い。

 7月になんとか日本製設備を買ってもらう活動をしたのだが、去年ドイツのSMS社の設備を買ったとか、入札があるので仕様を聞いたらイタリアのPAMA社が有利となるような仕様に調整されていたとか、欧米の優勢さを体感させられることが多い。

 とは言え、日本人を差別していることは決してない。ジーメンス社との合弁企業であるウラル機関車社は見るからにドイツ産業界の出城みたいな企業と思いきや、ドイツらしいところはアンゲラ・メルケル首相の写真が飾ってあったことくらいで、ロシア人しかいない工場には少数であるが日本の工作機械やプレス機があった。日本の鉄道車両メーカーとの提携にも多いに興味があるとのことだ。

 UMMC社を訪問した際は、かつて日本企業との提携を模索して方々にレターを出したが、全て返事がなかったということで相手が少しキレ気味で、冷や汗たらたらでミーティングをした。今は機嫌を直してもらい、日本企業を紹介すると受け入れてくれる。

 ウラル山脈の周辺で日本企業が劣勢なのは、ウラルのロシア人は日本人と付き合いたくないのではなく、日本の企業の活動が薄かったというのが真相だろう。事実、欧米に比べるとまだ小規模であるがウラルで活動した日本人が成果を出した例もある(現在進行形の案件もあり、内容は差し控える)。

 述べてきたようにウラルはウラル山脈の鉱産資源をベースに発展した工業地帯なので、この地域で売れるものは工業用の部品や原材料であり、生産設備である。

 ロシアでは輸入品の国産化がテーマになっているが、資金がなかったり、工業の基盤がまったくなかったりしてかけ声だけになる場所もある。しかし、ウラルでは資金がある企業が多く工業のベースがある。ウラルの工業地帯では国産化の動きが生産設備などの販売のようなビジネスチャンスになる。

 また、ルーブルが安いためロシアから輸入するビジネスは有利である。しかし、ロシアから買えるものが多くないという現実がある。ウラル地方に関しては、日本の産業界が必要としている金属や金属製品が生産されていて一定の輸出競争力がある。ロシアから輸入するビジネスをするのであれば、探すべきはウラルであろう。

 ウラルの工業地帯の中心地スヴェルドロフスク州エカテリンブルク市で毎年イノプロムという工業見本市が開催されている。例年、ドミトリー・メドベージェフ首相が参加し、ロシアの中では地位の高い展示会である。来年は日本がパートナー国となり、多くの日本企業が参加することが予定されている。

イノプロム2016の様子


 もちろん日本に比べ工業の規模の小さいロシアでは、日本の展示会ほどの規模や質には達していない。

 しかし、イノプロムにはウラルの工業地帯の企業を中心としてロシアの製造業を代表する企業が幅広く参加するし、そうした企業と取引をする欧米の企業も参加する。参加する日本企業にとって、今まで気付かなかった市場を体感するよい機会になるだろうし、ロシアから輸入するビジネスを模索する場合には、イノプロムはその商品カタログとなろう。

 日本がイノプロムのパートナー国になったことが、これまで縁の薄かったこの地域との縁を育み、日本もウラルの宝の山の恵を享受できることに繋がることを願う。

筆者:渡邊 光太郎