日本でも伸びているフェイスマスク市場だが、中国での人気度は日本以上。中国人が日本製品に求める「品質の良さ」は必須だが、それだけではヒットは難しい。中国人女性の心を掴むマーケティング術とは?

写真拡大

中国のネット通販最大のセール日となる11月11日(独身の日)。爆買いでおなじみの日本製品も多数売れたが、有名ナショナルブランドばかりではない。ある小さなシートマスクメーカーの製品が売れた理由とは?

売上げの半分は中国!
倍々ゲームで成長中

 社員わずか5人の化粧品メーカー、クオリティファーストが誕生したのは2012年2月のこと。設立から4年半あまりで売上高は40億円に届くまでに急成長しており、うち、ほぼ半分が中国での売上げだ。

 今年の「独身の日」のセールでは、最大手・アリババの運営する「天猫(Tmall)」の部門別売上げで、同社製品がナンバーワンを獲得。化粧品カテゴリー全体でも4位と大健闘した(中国ECの調査データ、Nint for Chinaより)。

 扱う商品はフェイスマスク。美容液をしみ込ませた、袋入りの使い捨てマスクだ。

 フェイスマスク市場は、日本・中国ともに伸びている。

 日本ではかつて、1枚1000円以上する“高級品”が主だったが、1枚数百円くらいと安く、頻繁に使える手軽さがウリの韓国製品が輸入されて、人気に火がついた。「現在、日本の化粧品で唯一、伸びているジャンルです」(渡辺治樹・クオリティファースト社ファウンダー)。クオリティファーストは、1枚数十円と、韓国製よりさらに価格を下げ、かつ高品質の商品づくりにこだわった。

 フェイスマスクは、お隣の中国では日本以上に売れている。しかし、粗悪品が多いのはフェイスマスクも同じ。ステロイド入りなど、有害な商品がたくさん売られている。つい最近も、中国の国家食品薬品監督管理総局が中国全土で販売している約50種類のフェイスマスクについて、禁止されている添加剤が使用されており不合格商品だ、と発表したばかりだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)