12月12日(月)に放送される「ネプリーグSP」に向井理ら“映画「RANMARU 神の舌を持つ男」チーム”が参戦

写真拡大

12月12日(月)夜7時から放送される「ネプリーグSP」(フジテレビ系)で、過去の正解率89%を誇るインテリ俳優・向井理が久々に登場する。

【写真を見る】“映画「RANMARU 神の舌を持つ男」チーム”の向井理

向井は佐藤二朗、黒谷友香、永瀬匡と共に“映画「RANMARU 神の舌を持つ男」チーム”として参戦。

対するは、りゅうちぇる、横澤夏子、ホラン千秋ら'16年にバラエティーで活躍した芸能人が集結した“今年の顔チーム”、'16年の東京都知事選に出馬し、落選となったが大きな注目を集めた鳥越俊太郎や東国原英夫ら“チーム東京”の2チームだ。

1stステージ「ハイパーイングリッシュブレインタワー」では、群雄割拠のバラエティー界を生き抜いてきたホランの振る舞いに、向井は「昔と変わったな…」とこぼし、向井とホランの意外な関係性が明らかになる。

2ndステージは「林先生の漢字テストツアーズ」。「数あるクイズ番組の中でネプリーグだけは出たくなかった!」と、自信なさげな鳥越の漢字力が明らかになる。

3rdステージは、小・中学校の教科書から出題される穴埋め問題を音読し解答する「音読ルーム」。「小・中学校時代はずっと外で遊んでいた。家の中でゲームをしたことがない」と、当時のエピソードを披露する向井は「え? なんだっけ? あれ? あれ?」とパニックになる場面も。

果たして勝つのは、'16年話題を呼んだりゅうちぇるら“今年の顔チーム”か、衝撃の初参戦・鳥越率いる“チーム東京”か、それとも向井率いる“映画「RANMARU 神の舌を持つ男」チーム”か?