「ローグ・ワン」盛大にワールドプレミア

写真拡大

12月10日(日本時間11日)、米ハリウッドで「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のワールド・プレミアが盛大に開催された。

今回の会場となったパンテージシアターは、1930年に建てられ、49年〜59年までアカデミー賞授賞式の会場となっていた由緒ある劇場で、1977年の誕生以来、映画史の歴史を塗り替えてきた「スター・ウォーズ」シリーズ最新作に相応しい華やかな会場。劇場前のハリウッド・ブルーバードは、2ブロックにわたって道路が封鎖され、銀河を思わせる黒の巨大テントが出現した。約350メートルに及ぶレッドカーペットが敷かれた会場には、本作が「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」へと続く物語ということもあり、作品を象徴するビークル(乗り物)“Xウィング”も展示された。

ギャレス・エドワーズ監督やフェリシティ・ジョーンズ(愛を知らない孤独な戦士ジン)、ディエゴ・ルナ(イケメン情報将校キャシアン)、ドニー・イェン(フォースを信じる盲目の戦士チアルート)、リズ・アーメッド(元帝国軍のパイロット)という極秘チーム“ローグ・ワン”のメンバー、そしてジンの父親である天才科学者ゲイレンを演じたマッツ・ミケルセン、帝国軍の高階級将校クレニックを演じたベン・メンデルソーンが登場すると、豪華キャストの登場に会場のボルテージは最高潮に。

主人公ジンを演じたフェリシティは「この2年くらいスパイのように何も言ってはいけなかったから、ようやく映画について話すことができて嬉しい!」と語り、「SW愛と情熱にあふれた作品なの」と本作の魅力をアピール。ジンの父親を演じたマッツは「関わったメンバーにとって一番大変だったのは、撮影の時はSWファンだということを忘れて、演者として演技に集中することだった」と語り、キャスト陣のスター・ウォーズ愛、そして「ローグ・ワン」への愛が感じられるコメントが次々と飛び出した。

さらに、先日世界に先駆けて来日していたギャレス監督とフェリシティは、本作の“重要なテーマ”でもある「希望は、死なない」というメッセージを日本語で披露。日本文化の影響を受けている「スター・ウォーズ」シリーズとあって、最新作でも監督・キャストからの“日本愛”が溢れるメッセージを受け取ることができた。

シリーズの“生みの親”ジョージ・ルーカスも、先日一足先に本作を鑑賞し、その出来には大満足だったという。スター・ウォーズにとって“神”であるルーカスからの賞賛に、監督も「どんな批評家の言葉より重要な賞賛をもらえて、人生最高の日どころじゃなかったよ!」とその興奮を語っている。シリーズで最も人気が高いと言われる「エピソード4」。その直前に何が起きていたのか、謎が明らかになる本作に、過去作に関わるキャストや監督たちも注目しているようだ。

これまでどこにも描かれなかった全世界待望の物語が明らかになるまで、ついにあと1週間を切った。世界中が公開を待ちわびる中、本作ではどんなもうひとつの「スター・ウォーズ」が描かれるのか。「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は、いよいよ12月16日(金)より全世界で公開となる。