10日、韓国・ニュース1によると、朴槿恵大統領の弾劾訴追案が国会で可決されたことを受け、保守系団体の会員約1万5000人が集会を開き「弾劾無効」を主張した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は韓国。

写真拡大

2016年12月10日、韓国・ニュース1によると、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案が国会で可決されたことを受け、保守系団体の会員約1万5000人(警察発表)が集会を開き「弾劾無効」を主張した。

「朴槿恵を愛する人々の集まり」など223の保守系団体の会員約1万5000人が10日午前11時ごろ、ソウル鍾路区の東亜メディアセンター前で「弾劾無効国民総決起大会」を開いた。参加者は朴大統領の弾劾案を可決した国会を批判し「泣かないで。悲しむことはない。堂々として」と朴大統領を激励した。「反国家教育剔抉(てっけつ:暴き出すこと)国民連合」のイ・サンジン代表は「弾劾には明確な弾劾事由がなければならないのに、国会は特別検察の調査結果を待たずに弾劾案を議決した」と国会を批判した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「彼らの主張を認めたら現状を放置することになる。そうなるとまた同じことが繰り返される」
「罪を犯した者を罰し正しい道に導こうとしないことは本人のためにならない。それが分からないのか」
「彼らは現状に目を閉じ、耳を塞いで生きている」

「何をしても、とにかく朴槿恵本人を崇拝するような連中だろう。北朝鮮で金正恩(キム・ジョンウン)を崇拝するのと同じじゃないか」
「このまま朴槿恵をどこか遠い所に連れて行って、そこで自分たちの国を作ったらどうだ」

「お年寄りばかりの集団だ。外は寒いからおとなしく家に居たらいいのに」

「お金をもらってアルバイトで集会に参加している人もいるんじゃないかな」

「彼らは今回のことで世論が操作されたと言い、メディアも操作されたと言う。検察の調査結果が自分たちの主張に合わなければ、どうせ特別検察や憲法裁判所も誰かに操作されたと言うのだろう」

「彼らは国のことを考えてはいない。このような者たちに保守を名乗ってほしくない」

「彼らに同意はできないが、多様性と表現の自由は認められるべきだ」(翻訳・編集/三田)