日本のコンサート観客動員力ランキングが発表!BIGBANGから防弾まで、K-POPアーティストも多数ランクイン

写真拡大

BIGBANGの日本コンサート観客動員力ランキングで嵐を抑え、トップに輝いた。動員された観客数で、BIGBANGと嵐の差はなんと2倍だ。

日経スタイルは最近、BIGBANGが今年日本でのコンサート動員力ランキングで1位を獲得したと報道した。この年間コンサート動員力ランキングは、日経スタイルが今年10月まで主なアーティストたちの今年開催されたコンサートと、年末スケジュールが発表されたコンサートの収容人数を集計した結果だ。

BIGBANGが1年間動員した観客数は約186万人。日経スタイルは、BIGBANGが1年のうち7ヶ月間日本で活動しており、公演回数もランキングの中に含まれた歌手の中でもっとも多いと伝えた。

BIGBANGは今年の頭、ファンクラブツアーを千葉の幕張メッセなど主な競技場で開催し、7月にはデビュー10周年を迎え、ヤンマースタジアム長居で3日連続ツアーを開催した。また、今年11月から年末までは海外アーティストとしては初めて、4年連続ドームツアー(4ヶ所16回公演) を続けている。

2位は約94万人を動員した嵐が獲得した。嵐は今年4月、9年ぶりにアリーナツアーを開催し、今年11月から来年の頭まで5年連続で札幌、東京、名古屋、大阪、福岡をつなぐ5大ドームツアーを続けている。

3位は関ジャニ∞で、約88万人を動員したと集計された。関ジャニ∞は今年7月から9月までアリーナツアーを実施し、幕張メッセと名古屋の日本ガイシホールでもコンサートを開催したことがある。また今月から来年1月まで5大ドームツアーを実施する。

4位は約64万人を動員したももいろクローバーZが、5位は三代目 J Soul Brothersがそれぞれ獲得した。

他に韓国アーティストとしては、47万人を動員したグループEXOが11位を獲得し、今年1月にデビューしたiKONは、春と秋に開催したアリーナツアーで34万人を動員し、19位にランクインした。また50位までにCNBLUE、SHINee、防弾少年団、2PMなどがランクインした。