乗っかちゃえ! クリスマスきっかけで付き合った経験・6選

写真拡大

カップルのイベントとしては1年の中でも最大の盛り上がりを見せるクリスマス。まだ、カップルになっていない男女にとっても、いい雰囲気になるきっかけにぴったりな日ですよね。そこで今回は、クリスマスがきっかけで男性といい感じになったエピソードについて社会人女性たちに聞いてみました。

■パーティーで出会った男性と意気投合

・「あるクリスマスパーティーで知り合った男性と意気投合。途中、抜け出すという経験をそのときはじめてした」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「クリスマスパーティーで出会った人と意気投合して仲よくなった」(25歳/その他/事務系専門職)

知らない人との出会いも多いクリスマスパーティー。すてきな男性と出会えたら、そのまま一気にいい雰囲気にということもありそう。大勢の中で偶然出会えたということで、運命的なものも感じますね。

■雰囲気に飲まれて

・「男友だちとクリスマスにイルミネーションを見に行って、ロマンチックな気分になり付き合いました。その場の雰囲気に流されて、付き合うってこともあると思うから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「お互いに独り身だったからクリスマスに会ったら、雰囲気に飲まれて手をつないでしまった」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

それまで特に意識していた相手でもないのに、クリスマスで盛り上がる周りの雰囲気に押されるように自然とカップルにという女性もいるようです。ムード作りは気持ちを盛り上げるために大事だということがわかりますよね。

■同僚と

・「クリスマスにバイトを入れ、バイト先の人と仕事のあと食事に行き、まわりの雰囲気もあってか急接近した」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「クリスマスが平日の年、いつものように残業して帰ろうとしたら、同僚が缶コーヒーをごちそうしてくれた。それから、ご飯に行ったりして親しい仲になったことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

クリスマスなのに仕事や残業をしないといけないのは、かなり憂うつな気分。でも、仕事に出たからこそ同僚と連帯感がわいて、そのまま親密にということも。クリスマスも一生懸命働いたご褒美をもらえた気がしますね。

■男友だちと

・「友だち関係だったけど、なぜかクリスマスに食事に行くことになり、食事に行ってからいい雰囲気になったことがある」(33歳/不動産/専門職)

・「男友だちにイブデートに誘われて急接近した」(30歳/機械・精密機器/営業職)

単なる男友だちも、やはりクリスマスを一緒に過ごすとなると異性としての意識が高まるように。お互いにシングルだと寂しい気持ちもあって、相手をいつも以上に意識してしまうのかもしれませんね。

■理想的なクリスマス

・「いいかなと思ってる人からクリスマスに食事に誘われてご飯を食べに行き、帰りにイルミネーションを見て帰りました。理想的なクリスマスでした」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「イルミネーションを見に誘われて、いいムードになったことはあった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好意を持っている男性からクリスマスに誘われるだけでもドキドキしそう。冬ならではのムードがあるイルミネーションを見ていると、相手のことがもっとすてきに見えてくるかもしれませんね。

■まわりのカップルに当てられて

・「まわりがカップルだらけで、流れで付き合うことに」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「まわりがイチャイチャして気分が盛り上がって、男友だちといい雰囲気になってしまった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

クリスマスに外出すると周り中がカップルだらけ。単なる友だちや知り合い程度の男性と一緒にいたとしても、その熱気に当てられて恋したい気持ちが高まりそうですね。

■まとめ

食事をするだけ、パーティーで会っただけという相手でも、普段の出会い以上に運命的なものを感じるクリスマス。恋愛をスタートさせるには、シチュエーションも重要なポイントと言えそう。ほかに「クリスマスに食事会のあと男性と2人で飲みに行った」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)、「クリスマス前にあせって告白して、付き合うようになったことがある」(28歳/商社・卸/事務系専門職)というように、女性自身の気持ちも少し恋愛に向けて開放的になっているのも、クリスマスにカップルが成立しやすい理由かも。気になる男性がいるなら、クリスマスデートに誘わない手はないですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月24日〜11月30日
調査人数:107人(22歳〜34歳の女性)