すごいラインナップ!(画像は『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』より)
 - (C)1979 - 2014 LUK INTERNACIONAL. All rights reserved.

写真拡大

 2017年1月7日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される「未体験ゾーンの映画たち2017」の全ラインナップとなる63作品が決定。史上最も有名な悪役ダース・ベイダーの俳優デヴィッド・プラウズを追ったドキュメンタリー『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』などが名を連ねていることが明らかになった。

 「未体験ゾーンの映画たち」は様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンにスクリーンで体験してもらうべく、2012年よりヒューマントラストシネマ渋谷をメイン会場として開催している映画祭。年々規模を拡大し、2017年も新年の幕開けとともに各国のあらゆるジャンルから厳選された、過去最多となる全63本の作品を一挙上映する。

 この度、上映ラインナップに加わった『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』は、SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード4〜6で人気の悪役ダース・ベイダーを演じた俳優デヴィッドに迫るドキュメンタリー。デヴィッドは、ジョージ・ルーカスとの間にトラブルが重なり、ある事件をきっかけに『スター・ウォーズ』公式ファンイベントへの出入りを禁じられる……。そこで、ダース・ベイダーをリスペクトする映像クリエーター達が立ち上がり、スタッフ・キャストに取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証し、一体何があったのか、真実を探求していく。『スター・ウォーズ』ファンなら押さえておきたい一本だ。

 そのほか、ベストセラー児童書を題材に、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラック主演で現実の世界に現れた恐ろしいモンスターたちとの戦いを活写したアドベンチャーファンタジー『グースバンプス モンスターと秘密の書』や、『プリズナーズ』『ボーダーライン』などを手掛け、現在『ブレードランナー』続編でメガホンを取っているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による、2009年製作の幻の問題作『静かなる叫び』も上映される。(編集部・石神恵美子)

「未体験ゾーンの映画たち 2017」は2017年1月7日よりヒューマントラストシネマ渋谷、1月21日よりシネ・リーブル梅田で開催