キム・ボソン、ロードFCデビュー戦で眼窩骨折の負傷

写真拡大

ロードFCデビュー戦を行った俳優キム・ボソンが眼窩骨折の負傷を負った。

キム・ボソンは10日、ソウル奨忠(チャンチュン) 体育館で開催されたロードFC 035で日本の近藤哲夫と対決した。

小児がん患者を後援するためにロードFCデビュー戦を行ったキム・ボソンは同日、第1ラウンドの2分30秒頃に近藤の拳に右顔を強打され、そのまま崩れた。

左目が失明しているキム・ボソンは右目に傷を負い、医療陣がキム・ボソンの状態をチェックした。キム・ボソンは右目を保護するために試合を諦めた。

試合後、病院に移動してメディカルチェックを受けたキム・ボソンは眼窩骨折の診断を受け、現在手術を考慮している。