「来年は勝負だと思っている」と笠りつ子、ボミの3年連続賞金女王を阻むため、オフにしっかりと準備すると語った(撮影:標英俊)

写真拡大

<Hitachi 3Tours Championship 2016◇11日◇グリッサンドゴルフクラブ(JGTO3,613ヤード・パー37、PGA3,425ヤード、パー37、LPGA3,179ヤード、パー37)>
 激動の一年が終わった。千葉県にあるグリッサンドゴルフクラブで行われた「Hitachi 3Tours Championship 2016」にて今年の笠りつ子の全試合が終了した。
【関連】体を寄せ合い!LPGAチーム全員での集合写真
 最後の試合では男子プロ相手に堀琴音、イ・ボミ(韓国)とタッグを組んで奮闘を勝ち星を奪えず。結果としては悔しいものとなったが、「間近で素晴らしい小技を見ることができました。とても参考になる」と得たものも大きかった。
 今季は「すごく良い1年だった」と自己最高となる賞金ランク3位に入るなど躍進のシーズンに。何よりも評価したのが「1年通じて元気で過ごせたこと」だ。「今年は常に楽しむことを心がけたのが要因だと思う」。地元熊本に大地震が来て「今をしっかりと楽しまないと」と改めて感じた2016年。様々な思いが笠を強くした。
 そして休む暇なく来季へと向かっていく。「やりたいことは決まってるので、今日この後いつ、どこでやるかを考えたい」。「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」終了後に「来年は勝負だと思っているので、振り返ったときに“あのときたくさん練習したな”と思えるように特訓します。海外勢に勝てるように頑張りたい」と話していた笠。すでに次の戦いは始まっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ギア】1度は90切り!を達成するためのベストセッティングとは?