男性が犬と戯れている姿をみるとどんなにブサイクでも100倍かっこよくみえるという魔法がかかるわけですが、犬好きの男子と付き合う際にはいろいろと先に知っておいたほうが良いこともありそう。今回はそんな、犬を飼っているかなりの犬好き男子とデートする前に知っておくべき8つのことをご紹介します。

犬を自分の子どもだと思っていること

女子がペットを自分の子どものようにかわいがっているという話はよく聞きますが、これ実際に女子だけでなく男子も同じなんです! 自分のことを「お父さん」だと言っていたり、犬にキスをしたり、甘えたような言葉で話していたとしても引いたりしないように。

ロマンチックなシチュエーションを邪魔されること

犬たちは自分の注目をあつめることが大好き! 自分を除け者にして2人がイチャイチャしていたりすることが気に入らないのでロマンチックなシチュエーションだろうともおうちデートの場合は邪魔してくることもしばしば。

デートに犬を連れてくる

せっかくの休日、彼は犬も外に連れ出してあげたいと考えていることも多く、デートの犬をつれてくることもしょっちゅう。そしてデートのプランも犬を中心に組まれることも多く、野外デートが多くなる可能性が高いです。

自撮りにもいつも犬が入ってくる

2人で自撮り写真を撮ろうとしても彼は犬を一緒に写真に入れたがるために、いちいち写真をとるときに大パニックになります。2人の目線がしっかりカメラのレンズに向かっていたとしても犬がまったくカメラの方を向いていなければその写真はボツ写真になりますのでご注意を。

旅行にも犬がついてくる

2人で旅行に出かけようとするとき、基本的に犬が一緒に泊まれる宿を探すことになります。なぜなら彼の犬も一緒についてくるからです。ということでラグジュアリーな高級ホテルに泊まることはまずないということを覚えておいてください。

彼があなたより犬にお金を使っているように感じる

デート中にペットグッズが売っているお店に立ち寄ることも多くなります。そのとき彼は犬のためにオーガニックフードを買ったり、おもちゃを買ったりするにもかかわらず、2人の食事はテイクアウトのものを公園で食べるだけですまそうとすることも。そんなときに彼があなたよりも犬のほうにお金を使っているように感じるかもしれません。

犬の方が愛されているように感じる

彼の犬は常に彼と一緒に暮らしているわけで、さらに彼は犬のことを子どもだと思っているわけです。あなたは恋人として彼と付き合っているわけですが、ときどき犬の方が彼に愛されているような気分になることもあります。しかし彼の犬への愛とあなたへの愛は違うということを覚えておいてください。嫉妬心を抱かないように!