自画自賛してほほ笑む瀧本美織

写真拡大

 女優の瀧本美織が12月11日、2017年カレンダーの発売記念イベントを都内で行った。カレンダーは7年ぶりで、CD大の卓上型。瀧本は、「毎日目にするものなので、季節感も感じられるし、男性にも女性にも私という存在を身近に感じてもらいたい」とアピールした。

 中でもお気に入りは、プールに横になり上半身だけを起こして正面を見据えた8月のカット。「憂いのある表情だけれど、プールが浅いので腹筋を使わないと起きていられなかった。腹筋はプルプルしているんです。頑張ったぞって」と満面の笑み。その上で自己採点は、「自信を持って120点」と満足げだ。

 今年は宮本亜門氏演出の「狸御殿」でミュージカルに初挑戦し、「舞台が好きだなあって感じたし、仕事の幅も広がって人とのつながりをあらためて強く感じた」と振り返った瀧本。2017年も既に3月の音楽劇「マウリス」でヒロインを務めるなど2本の舞台が決まっており、「お客さんと一緒に味わえるような作品をつくっていきたいし、いろいろな挑戦をしたい」と抱負。プライベートでは、「今年は夏休みがあまりなかったので、何かマリンスポーツを極めたい。潜れたら格好いいですよね。ウインタースポーツもやってみたいな」と欲張っていた。