イ・ハニ、国楽に対する思いを明かす「プレッシャーは大きいけれど…仲介役を果たす」

写真拡大 (全2枚)

Mnet「パンスティラー-国楽の逆襲」を通じて国楽(韓国の伝統音楽) の魅力を広く伝えている女優イ・ハニが、ファッション誌「InStyle」12月号を通じて魅力をアピールした。

延禧洞(ヨニドン) にある閑静な住宅街で行われたこの日の撮影では、彼女ならではの優しいながらもナチュラルな雰囲気をアピールした。カメラの前でイ・ハニは幻想的な表情とポーズで神秘的な雰囲気を漂わせた。

インタビューで彼女は国楽に対する愛情を表し、「パンスティラー-国楽の逆襲」に出演したきっかけを打ち明けた。

「国楽というジャンルは近づきやすいジャンルではない。しかし、ないがしろにされるのは悲しい。中間者として伝統を損なうことなく、人々がより受け入れやすいように仲介役をしなければならないと思っている。今も相変わらずプレッシャーは大きいけれど、何事も始まりが難しいもので、誰かが始めると次は足りない部分を補って、ずっと良い次を考えることができるから、私がその最初になってみようと決心した」と話した。

自身を定義するキーワードとして、笑顔、ナチュラルさ、悩みを選ぶ彼女のナチュラルな姿は、「InStyle」12月号と公式Instagram、ウェブサイトを通じて確認することができる。