Block B ジコ「人気歌謡」で1位を獲得!SISTAR ソユ&チョンギゴらがステージ披露

写真拡大

Block Bのジコが「人気歌謡」で1位のトロフィーを手にした。

韓国で11日に放送されたSBS「人気歌謡」では、BLACK PINKの「火遊び」、チョン・スンファンの「THE FOOL」、ジコの「BERMUDA TRIANGLE」が1位候補となった。この中でジコが1位に選ばれた。MCたちは出演していないジコの代わりにトロフィーを受け取り、「必ず届ける」と約束した。

2年ぶりに再会したSISTAR ソユ&チョンギゴのステージにも多くの期待が集まった。2人は「人気歌謡ミュージッククラッシュ」を通じて「愛は別れより一つ多い」という曲を披露した。「Some」以降、2年ぶりに再会した2人のハーモニーが視聴者をときめかせた。

MBLAQとしてデビューし、ソロとして戻ってきたチョンドゥンのソロデビューステージも披露された。チョンドゥンはより一層完璧になったビジュアルでセクシーで胸キュンなパフォーマンスが印象的な「Sign」のステージを披露した。SEVENTEENはその魅力をアピールするトキメキいっぱいのパフォーマンスでカムバックした。SEVENTEENはグループのエネルギーがそのまま盛り込まれている「BEATWINBOOM BOOM」と「早い足取り」を歌った。“魔性の歌声”ことキム・ピルは「城北洞(ソンブクドン)」で、BEATWINは「太陽が昇れば」でカムバックを知らせた。

Sechs Kiesの2016年バージョンの「カップル」も披露された。他にB1A4の「嘘だ」、少女時代 ヒョヨンの「Mystery」、gugudan キム・セジョンの「花道」、LABOUMの「冬の童話」、DECEMBERの「Disappeared」、UP10TIONの「White Night」、KNKの「U」、SNUPERの「It's raining」のステージも披露された。

同日の「人気歌謡」にはBlock B ジコ、Sechs Kies、少女時代 ヒョヨン、B1A4、SEVENTEEN、gugudan キム・セジョン、チョンドゥン、BLACK PINK、チョン・スンファン、UP10TION、KNK、BEATWIN、LABOUM、DECEMBER、SNUPER、キム・ピル、SISTAR ソユ&チョンギゴが出演し、華やかなステージを披露した。