象のお世話が体験できる!タイの「エレファントステイ」が楽しすぎる

写真拡大

 こんにちは、少女マンガ攻略・解析室室長の和久井香菜子です。

 みなさん、象さんは好きですか? なでなでしたり乗っかったり、一緒に踊ったりしたくないですか? ましてや、自分だけの「マイ象さん」と仲良くしたくないですか?

 この度、タイでそんな夢のような体験をしてきました!

◆保護施設に宿泊しながら象をお世話

 タイには、「象さんの保護施設」がいくつもあります。その保護施設では、象さんのお世話をしながら象さんについて学ぶことができます。期間は施設によって異なりますが、だいたい3日以上から。

 和久井はアユタヤにある「エレファントステイ」というところに行ってきました。

 3日ほどのステイでしたが、もう大変でした。朝食が済んだら、象さんのウンコ掃除です。食物繊維いっぱいの象さんウンコは、乾くとサワサワと繊維が風に舞ってます。掃除なんかしたら朝っぱらから全身ウンコまみれですよ。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=622317

 お掃除が終わったら象さんのエサやり。1日中、掃除してエサやってと、象さんのお世話の繰り返しでした。これで3日間15000バーツ(約45000円)。

 タイは物価が安くて、安宿なら1,000円で泊まれます。ちょっといいホテルでも5,000円出せば泊まれる物価の安い国です。それで3日間45,000円ですよ、どんだけ高級な宿なんですか! と思いきや、ロッジはたいそうフツーです。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=622318

 朝から夕方まで働いて、3食付きとは言え、キレイとは言えないフツーのロッジで45,000円。

 もうね、もう……最っ高でした!!!

◆マイ・象さんが愛しくてたまらない!

 朝起きてすぐ、外に出るとそこに象さんがいるんですよ。朝日を浴びた象さん。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=622381

「マイ・オウン象さん」が決まっているので、3日間お世話するのは自分の象さんだけです。私以外の人は、マイ・オウン象さんのイットちゃんにエサをあげることはできません。お水をあげるのも私。ウンコまみれになって東屋をキレイにして、エサをあげると、もう愛しくてしょうがないです。

 お世話したご褒美に、象さんたちがお散歩に連れて行ってくれます。

 鞍も手綱もなしの素股乗り。2.5mの高さで乗馬マシンに乗るようなものです。初日はワアワア叫びまくりました。

 が、2日目には割と余裕。同僚たちが次々とやって来て「昨日よりずっとうまくなったね!」と褒めてくれました。……昨日、どんだけ騒いだんだ私。

 ツアーで体験したのは、こんなことです。

◆ツアーの一日の流れ

 パイナップルの葉のエサをあげて……

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=622392

 東屋の掃除をして……

 お散歩に連れて行ってもらい……

 川に入ると象さんたちはブリブリとウンコをするので、ぷかぷかとウンコの浮く川で水浴びです。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=629721

 ご飯は3食タイフード(めっちゃ美味い!)。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=629732

 ほかではぜったいに体験できない、めくるめく体験をしたツアーでした。

<TEXT・PHOTO/和久井香菜子>