世界各国の料理に特徴があるように、朝食にもそれが表れます。

クロワッサン&コーヒーだったり、ソーセージにベーコンがあったり、それぞれの気候や食文化に沿ったものですが、
「北欧フィンランドの朝食がやけに意外にハードボイルドだった」と海外掲示板で話題になっていました。

 

Finland Breakfast : funny 


ずらーっと各国の朝食メニューが並んでいます。

そして7番「フィンランドの朝食」の内容を確認すると……。
ホットコーヒーにウォッカ + タバコ1本

え?

それだけ?

その上下、スウェーデンやスカンジナビア半島の朝食を見ると、結構まともな朝食メニューになっており、フィンランドのハードボイルドさだけが際立っています。

ただし、料金の単位がタイ・バーツなので、このメニューだけではタイのレストランの偏見の可能性もあります。

フィンランド人やフィンランドを知る人の意見はどうなのか、海外掲示板のコメントを確認してみましょう。

●正しいよ! 朝7時半のヘルシンキ行(フィンランド)のフライトで、みんなが50mlのマーテルコニャックを朝食と一緒にもらっていた。

↑ああ、なんで自分は行き先をヘルシンキではなくストックホルム(スウェーデン)にしてしまったんだろう。

●100ビリオン(=1000億)は、ちょっと高いと思う。

↑このBはタイ・バーツだから。

↑100B=2.81ドル(約320円)。

↑ずいぶん安いじゃないか。

↑2.81ドルで、コーヒーとウォッカのショットとタバコ? なんてこった。ここではコーヒーでさえ買えない。

●なんてこった。朝食をウォッカで始めたなら、自分の1日はフィニッシュ(※)する。
(※終わりのfinishと、フィンランド人=Finnishを掛けて)

●フィンランドの朝食のことはわからないが、ビッグ・ボーイ向けのブレックファストはかなりのバーゲン価格だと思う。
[画像を見る]
(トースト2枚、バター、ジャム、ベーコン、卵、ソーセージ、ハム&オニオン付きフライドポテト、コーヒーまたは紅茶、オレンジジュース)

↑ウォッカはないけどね。

●彼らはアル中ではない、文化的なんだ。

●スウェーデン人として言うが、そのスウェーデンの朝食が正確で驚いた。
[画像を見る]

↑ビッグボーイとして言うが、そのビッグボーイの朝食は正確で驚いた。


意外にハードボイルドなフィンランドの朝食ではあります。ちょっとオーバーに表現してあるとは言え、賛同する人が多かったのも驚きです。

ウォッカ好きなのは、さすがロシアの隣国といったところでしょうか。

【「えっ、フィンランド人の朝食って、こんなにハードボイルドなの!?」驚きのレストランのメニュー】を全て見る