星美りか、佐倉絆、友田彩也香からなるユニット、ミリオンガールズZが11月27日に大阪でワンマンライブを開催

写真拡大

million所属のセクシー女優、星美りか、佐倉絆、友田彩也香からなるユニット、ミリオンガールズZが11月27日、大阪・北浜BANQUETHOUSEで行ったワンマンライブ「2016 MGZ LIVE in OSAKA 大阪でわんまんらいぶやねん♥」をレポート!

T♡PROJECT (大槻ひびき、佳苗るか、波多野結衣)からは復活をのぞむメッセージが届く

ミリオンガールズZは星美の引退、友田のmillion卒業に伴い、12月6日に行われる東京でのラストライブをもって活動休止に入るため、この時点で現在のメンバーでライブを行うのは残すところあと2回。大阪でのライブは、遠方や抽選に外れたファンのためにLINE LIVEでも生中継された。

雨が降る中、開場を待つ多くのファンが列をなす。開場するやライブハウスを埋め尽くし、ファン同士で交流するなど和やかなムードでライブ開演を待っていた。

会場が暗くなりファンの期待が高まる中、ライブ冒頭では、共演したユニットや親交のある女優仲間たちからのメッセージ動画が流れ、大阪での最後のライブを彩る。

T♡PROJECT (大槻ひびき、佳苗るか、波多野結衣)からは「ミリガ(=ミリオンガールズZ)の3人のキレキレの歌とダンスをまた見たいので復活待ってます! 今までお疲れさまでした」と復活をのぞむ声が届く。

白石茉莉奈からは「ミリガさんのステージを見ていると心がウキウキワクワクして、歌もフリも覚えた曲もありますし、一緒にライブをすると安心感がありました。アイドルらしいキラキラしたかわいい姿に影響されていました。活動休止されても私はいつまでもミリガのファンでいます! 今まで本当にすてきなステージありがとうございました。みんな大好き!」とミリガへの愛のメッセージ。

続いて、プライベートでも親交のある、かさいあみ、阿部乃みくの動画が流れる。「ミリガが好きでいつも車でCDを流したり、個々のメンバーと仲良くしたりライブもたくさん見ました。なので活動休止がすごく悲しいです…。真剣にミリガが好きで、私たちに見せてくれる笑顔を、もう見られなくなるのがすごく寂しいです。復活を心待ちにしてます、絶対戻ってきてください!」と悲しげな表情で語っていた。

最後にミリガと同じくmillionに所属する河北はるなは「初めてミリガさんのライブを生で見たときには、目の前で歌ってくれてることにすごく感動しました。同じmillion(の女優)として、一緒に(いろんなイベントを)楽しませていただきました、ありがとうございました。これから寂しくなりますが、いつか復活されるときを楽しみに待っていますのでその時はぜひ呼んでください!」とコメントした。

復活を求めるメッセージと切ないBGMで、会場に詰めかけたファンの気持ちをあおる。そして満を持してミリオンガールズZの3人がステージへ。この日初披露となる、白のワンピース風の新衣装で登場した。

最初は代表曲の一つ、「1000000(ミリオン)テレパシー」。観客の鼓動を揺るがすイントロで会場が一気に盛り上がる。後ろ向きでスタンバイして始まるこの曲、歌に入る直前で振り返ると、3人は観客との距離の近さに少し驚いた表情も。キュートさとセクシーさを堪能できる曲で、ファンの熱いコールが絶え間なく続く。

曲終わりには「私たちが…“ミリオンガールズZ”です! よろしくお願いします」とおなじみの決めポーズ。

佐倉が会場を見わたし「すごいね、パンパンじゃん! 後ろの人見えてますか、これ」と言うと、前方の観客がしゃがむ。それを見た友田は「やさしいみんな、やっと見えたよ〜。それにしても近くてびっくりしちゃった」とコメント。

友田は続けて、「みなさん足元の悪い中、来てくださってありがとうございます。盛り上がってますか〜!?  3人でやるライブも、あと2回なのですが今日がそのうちの1回…悔いなく全力で楽しんでいきたいと思いますのでみなさん付いてきてください!」と意気込みを伝える。

佐倉は「(観客席と)近いから圧倒されて後ろ下がっちゃうね…(笑)。それで、今日本当に謝りたいのですが、遅刻してごめんなさい。遅刻した理由ちょっと聞いてもらっていい…? 深夜4時くらいに、ふと“中イキ”っていうのは、どうしたらできるんだろうって調べ始めちゃって。本当にごめんなさい。でも結果分からなかった(笑)。…ということで今日は盛り上がっていってください!」と得意の下ネタを繰り出す。

星美は「大阪では、最初で最後の現メンバーでのライブになっちゃったんですけど、ミリガのライブを初めて見る人もいると思います。会えて良かったです! 雨降って寒いのに来てくださってありがとうございます。今日は全力で頑張ってライブをするので、みなさん声上げたり手を振ったり悔いなく盛り上がっていきましょう!」とあいさつ。

佐倉が「気付いた人いる? いまさら新衣装なんだよ」と明かすと、友田が「ライブで初披露する予定だったのに、チェキでネタバレしちゃってたよね…(笑)。でもライブで着るのは初!」と裏話も。新衣装は、元メンバーで、現在スタイリストとして活動している元・桜井あゆ(現・yoshimi)が用意したそうで、兼ねてから希望していたそれぞれのメンバーカラーが取り入れられた。「結構前に買ってくれてたのに…あと1回しか着られない…」と佐倉がつぶやく。

そして次の曲紹介へ。星美が「(曲調に)ビックリする方もいるかと思いますが…みなさんのノリやすいように…」と消極的になりながら曲タイトルを発音良く(?)コール。

そんな2曲目は、まだ11月に「Japan Adult Expo 2016」というイベントでしか披露されていない新曲「Liar/99999999(エイトナイン)」。ミリガの楽曲はこれまでアイドルらしくかわいいものが多かったが、この曲はむしろ正反対といっても過言ではないほど、大人っぽさとカッコ良さがあふれており、3人の新たな魅力が引き出された1曲だ。まだ聞き慣れない曲ながらも、クールな曲調に観客の体も自然と動き出す。ミリガのオリジナル曲はイントロで期待感をあおるのが上手く、歌い出しでさらに聴き手の心をつかんでいく名曲揃いだ。

曲終わりのMCでは佐倉が「この曲どうやってノるの!? ライブあと1回だから、適当に(挑戦しながら)ノッてみてもいいと思う!」と発言。メンバーも新曲に慣れていない様子で、星美は「今日臆病になっちゃった…」と反省ムード。

そして質問コーナーへ。

「大阪の好きなところ、思い出は?」との問いに、佐倉は「ない(笑)…ウソ! イベントでは来るけど観光できないから…イベントの合間のココイチ(=CoCo壱番屋)のカレーかな」と答えると、星美も「カレー屋多いよね」と乗っかる。一方、友田は「私…コンビニのお弁当…」と答え、トリオ芸(?)で笑いを誘う。3人が繰り広げる絶妙なバランスのトークも、ミリガの魅力の一つだ。

続いて、選ばれたファンに向かって関西弁で告白する企画。

星美が「○○くんのこと、ずっと前からすごく好きだったから付き合って」というセリフを「○○くんのこと、前から好きやってんけー、せやから付き合って」となぜか他地域の方言交じりになるが、観客からは「かわいい!」と絶賛。

友田は「○○さん、私のことずっとやらしい目で見てたよね。今夜空いてるよ」というセリフで、女性ファン相手に「○○ちゃん、うちのことずっとやらしい目で見てたよなあ。今夜抱くの抱かへんのどっちや!」と、“極妻”風に変換。

何かを察知した佐倉はやりたくないと言いつつ、「○○くんのH、とっても気持ちよかった、もう1回しようよ」のセリフを「○○のH、めっちゃ気持ちよかってん。もっかいせえへん?」とノリノリに。

そしてライブ中盤だが、大阪ワンマンライブにかける思いを口々に語ることに。星美が「でもやっとユニットとしては2014年以来、今のメンバーでは初めて大阪でライブができた」と感慨深い表情に。友田が「ユニットに加入するときには全国ライブをやると聞いてて…それなのに最初で最後(笑)! PVも撮るって聞いてたけど…」と言うと、星美も「うちも撮るって聞いてた」、佐倉も「でも、うちもね…そう聞いてた!」と不満をこぼす一幕も。

3曲目に披露したのは「Love Kiss Baby」。“頭ナデナデ”など3人が連携する振り付けや、3人の激しいダンスに観客の目はくぎ付け。ノリやすい曲に会場の熱気がさらに高まった。

続くMCでは活動休止について改めて語られた。友田が「知ってる方が多いと思いますけども…休業…」と言うと、佐倉がすかさず「休業しないで!」とツッコむ。12月6日のライブで活動休止の話をすると、ユニットへのおなじみのコール「え〜ヤダヤダヤダ〜ヤダ〜!」と観客。

引退する星美、卒業する友田のため、残されることになった佐倉は「私が一番嫌だよ(笑)! 一人になっちゃうから休止するだけで、実は新メンバー募集してるの今」とメンバー募集中であることを明かし、客席にいたミリガの衣装を身に付けた男性客を「2人でやろうよ!」と誘うが、自ら笑いのツボに入ってしまった様子。改めて、メンバーが入れば活動再開する可能性があることが説明された。

そして現メンバーでの活動のラストを飾る東京ライブにも話がおよぶ。星美は「緊張するなあ。今日が関西で最後で…今日でお別れの人もいる。今日キョドっちゃったから悔しい」と再び反省モードに。全員で「(最後を迎えるのが)早いね〜」と3人で過ごす残りの時間を惜しみつつ、ラストの曲へ。

4曲目は「Kampai Fighter」。冒頭の“乾杯”の振り付けも印象的なこの曲は、アップテンポな曲調で、マイクを向けられコールを続ける観客のテンションは最高潮に。ステージと観客席とが一体となり、この日一番の盛り上がりを見せた。同曲が終了し、ミリガの3人が一度ステージを下りるも、アンコールを求め会場中から「MGZ!」の声。

3人が再び登場。そして星美の口から「こうやってみなさんにたくさん『MGZ!』ってさけんでもらうのも…残り少ないのかなって思っています」との発言も。最後に佐倉が声出しをしようと提案し、「いくよ〜! みんな声出す準備は出来てますか!? 後ろの方! 前の方! 全体!」とコール。そしてアンコールの曲は「1000000テレパシー」。これがラストの曲とあって、これまで以上に一層大きな声援が送られる。

最後のMCで、かつては曲中にはコールがなかったが現在は一人ずつのコールがあることに、佐倉は「本当に感動する。一緒に成長したね」と、感謝の気持ちを述べた。星美は「終わっちゃったね…ジェットコースターみたいだった」、友田は「ミリガは愛されてますな〜」とライブとファンの温かさについて振り返りつつ、最後の最後に全員での決めポーズ“ミリオンガールズZ”で、大阪ライブの幕を閉じた。

同日夜にはメンバーと抽選で当たったファンとが交流できる打ち上げも行われた。ファンがミリガの3人をアーチで迎え、打ち上げスタート。

メンバーとも気軽に話せる他、撮影も可能。また、ミリガのイラストを使用して作成されたグッズを全員分用意していた温かいファンも(記者もいただきました、ありがとうございます)。ライブ終わりにも関わらず笑顔を絶やさないメンバーと、アットホームな空気感はとても居心地の良い大阪ライブの締めくくりだった。

そんなミリガの新曲「Liar/99999999」は近日中に配信が予定されている。