BIGBANG、フルアルバム「MADE THE FULL ALBUM」カウントダウン予告イメージが公開“D-1”

写真拡大

BIGBANGのデビュー10周年のフィナーレを華麗に飾るフルアルバム「MADE THE FULL ALBUM」の発売が迫ってきている。

YG ENTERTAINMENTは11日午前10時、公式ブログを通じてD-1予告イメージを公開した。

D-6からスタートしたBIGBANGの「MADE THE FULL ALBUM」の公開カウントダウン予告はギャラリーの背景を活用し、毎日変わる独特なパターンのキャンバスで注目を集めた。

2006年にデビューしたBIGBANGは、その名の通り歌謡界に“大爆発”を起こし、ここ10年間、音楽、ファッション、大衆文化をリードするアイコンとして位置づけられている。

特に「LIES」「最後の挨拶」「HARU HARU」「TONIGHT」をはじめ「M.A.D.E」シリーズ当時発売した「LOSER」「BAE BAE」「BANG BANG BANG」などのメガヒット曲を相次いで披露したBIGBANGが10周年を迎え、新しく披露する「MADE THE FULL ALBUM」も注目を浴びている。

12月12日に公開される「MADE THE FULL ALBUM」は、ダブルタイトル曲である「FXXK IT」「LAST DANCE」と新曲「GIRLFRIEND」をはじめ計11曲が収録される。

現在まで今回のフルアルバムのトラックリスト、新曲およびカウントダウン予告映像、ダブルタイトル曲のミュージックビデオなど様々なコンテンツが公開されており、ファンたちの期待も高い。

さらに来年2月、T.O.Pが軍入隊を控えており、しばらく完全体としての活動を見ることは難しいことを考え、BIGBANGは久しぶりに発売するフルアルバムを通じて年末の授賞式、各種バラエティ番組、コンサートなど多様なやり方で世界のファンたちと出会う予定だ。

BIGBANGは12日午後11時、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて「カウントダウンライブ」を行い、ファンたちと特別なカムバックを迎える。そこで2曲の新曲ミュージックビデオを先行公開する予定だ。