ネズミ向け超スモールショップがスウェーデンの街に(出典:http://www.bbc.com)

写真拡大

スウェーデン第三の都市と呼ばれる南部の人気の街マルメーに、ちょっと可愛いショップとレストランがオープンして話題になっている。ヒトではない、ネズミがお客様だと英メディア『bbc.com』が伝えている。

チーズ、ナッツ、クラッカーなどを販売する大変キュートなフードショップとイタリアンレストランがオープンしたのは、マルメーの目抜き通りBergsgatanの一角。にぎやかな街のまさに足元に位置するため素通りしてしまう通行人も多いが、“店主”はまるで気にしない。なぜならレンガほどのサイズしかないそのショップとレストランがターゲットとしている客はネズミなのだ。

向かって左側のフードショップの名はフランス語で『NOIX DE VIE』。日本語にすると“命のクルミ”あるいは“クルミ生活”といったところであろうか。ウィンドウ越しにチーズ、クラッカー、ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツといった商品が美しく陳列されている。そして右側の赤白ストライプのオーニングが可愛いレストランは、イタリア語でミッキー・マウスを意味する『Il Topolino』。また壁にはネズミ向けのホラー映画ほか楽しい催し物を案内するポスターも貼られているようだ。

この話題をスウェーデンのニュースサイト『Sydsvenskan』が報じたこともあり、今では街のちょっとした名物として人々は楽しそうに写真を撮っていく。このネズミの世界の気になる仕掛け人は“Anonymouse”さん。「匿名」を意味するAnonymousに“e”を足してネズミ化させる憎さである。もっとたくさんの写真をインスタグラムでご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

https://www.instagram.com/anonymouse_mmx

出典:http://www.bbc.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)