タッチ操作対応、スマホ連携による情報表示も

写真拡大

モバイルブロードバンド事業を展開するUQコミュニケーションズ(東京都港区)は、NECプラットフォームズ製モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」を、2016年12月上旬に直販サイト「UQオンラインショップ」およびMVNO(仮想移動体通信事業者)各社などで発売する。

拡張アンテナ搭載クレードルで自宅でも快適

「4×4MIMO」と2つの「WiMAX 2+」周波数を束ねる「CA」(キャリア・アグリケーション)技術の組み合わせにより、国内最速だという下り最大440Mbpsの高速通信が可能。また上り回線にはCAと「64QAM変調方式」を導入し、従来の最大10Mbpsから30Mbpsに向上。なお下り/上り両回線にCA技術の導入は国内初とのことだ。

2.4型ディスプレイはデータ通信量や電池残量などの情報を表示するほか、メニュー設定などのタッチ操作に対応する。また電池残量などの情報は、スマートフォンにインストールしたアプリを使用してポップアップで知らせる機能も搭載する。

拡張アンテナを搭載した別売の専用クレードルにセットすれば、自宅ではホームルーターとして快適に使用できる。機器の最大同時接続はWi-Fiテザリングが10台、Bluetoothテザリングが3台。

バッテリー容量は2890mAh。140分の充電でWi-Fi接続時は最大約740分、Bluetooth接続時は最大約990分の連続通信が可能だ。

カラーはディープブルー、ホワイトゴールドの2色。