1986年の映画に出演したスティーヴ・マーティン

写真拡大

米CWでDCコミックの人気ドラマ『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』、また、米NBCではサスペンス・ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』の製作総指揮を務めているグレッグ・バーランティ。その彼が、ワーナー・ブラザースの映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ』のリメイク版で監督を務めることになった。

『リトルショップ・オブ・ホラーズ』は、もともとはロジャー・コーマンが1960年に監督した低予算映画。1982年にオフ・ブロードウェイのミュージカルとなり、1986年にはこのミュージカルをもとに、フランク・オズ監督が映画化を手掛けた(出演:リック・モラニス、スティーヴ・マーティン)。冴えない花屋の青年が不思議な植物を育てるうちに、人の生き血や肉を与えるハメになる、というストーリーだ。

米Deadlineなどが報じたところによると、今回バーランティは、ホラーコメディ映画として最も有名な1986年版の映画をリメイクする。脚本をマシュー・ロビンソン(『ウソから始まる恋と仕事の成功術』)、製作をマーク・プラット(『ガール・オン・ザ・トレイン』)が担当する。

最近はアメコミヒーロー・ドラマなどの製作で知られるバーランティだが、2000年には映画『ブロークン・ハーツ・クラブ』、2010年には映画『かぞくはじめました』の監督を務めた経験もある。(海外ドラマNAVI)