10日、台湾初の慰安婦記念館が台北市内にオープンした。資料写真。

写真拡大

2016年12月10日、台湾初の慰安婦記念館が台北市内にオープンした。北京日報が伝えた。

記念館設立は台湾の女性人権団体「台北市婦女救援基金会」が企画したもので、「阿マ(おばあちゃん)の家 平和と女性人権館」と名付けられた。慰安婦関連の資料などが展示され、中国語だけでなく、英語や日本語、韓国語も併記されている。

同基金会によると、第2次大戦当時、台湾では2000人余りの女性が強制的に慰安婦とされた。うち基金会によって身分が確認されたのは58人だという(翻訳・編集/柳川)