写真提供:マイナビニュース

写真拡大

モデルで女優の新木優子が10日、都内で行われた映画『僕らのごはんは明日で待ってる』の女子中高生限定試写会イベントに登場した。

瀬尾まいこの同名ロングセラー恋愛小説を新鋭の映像作家・市井昌秀が映画化した本作。Hey!Say!JUMPの中島裕翔とその相手役に新木優子を配し、運命的な出会いを果たした1組のカップルの7年越しの恋愛を描く。

物語に絡めた○×形式の質問タイムで新木は「(中島演じる亮太のような)ネガティブ男子と付き合いたい?」という質問に○と回答。「この作品を通して亮太もネガティブで草食系男子ですが、ネガティブだからこそ人の意見を飲み込んでいろんなことを考えてくれるし、7年間自分のことを思ってくれる人ってなかなかいないから一途な亮太に魅力を感じました。だから全然ありだと思います」と理由を話した。

一方で、自身は劇中で演じた小春のような積極的女子だといい「私は結構グイグイ系女子です。中学生の頃に同じ人に3回告白しました。今はできないですけど、皆さんぐらい若かった頃は積極的に自分の気持ちをアピールするほうでしたよ。後悔したくないですからね」と意外な一面を明かして訪れた女子中高生を驚かせた。

最後には本作を試写した女子中高生に「うるキュンしましたか?」という質問に全員が○と回答。それを受けた新木は「屋上のシーンで私はその日までの思いだったり、色んな思いが積もりに積もって涙を流したシーンになりました。私の泣いた姿にうるキュンしていただいたということでとても嬉しいです」と感謝を述べながら「7年越しのラブストーリーで亮太と小春のキュンキュンした物語になっています。是非もう一度劇場でご覧になってください」とアピールしていた。映画『僕らのごはんは明日で待ってる』は、2017年1月7日より全国公開。