パク・ソジュン&ZE:A ヒョンシク、特急ブロマンスで女心を揺さぶる“隙のない魔性の男”

写真拡大 (全4枚)

最近勢いに乗っている俳優パク・ソジュンとZE:Aのヒョンシクがグラビアで特急のブロマンス(男同士の友情) を誇った。

KBS 2TV新月火ドラマ「花郎(ファラン)」の主人公を務めるパク・ソジュン、ヒョンシクがファッション雑誌「VOGUE」韓国版でより一層深まった感性とオムファタール(魔性の男) な魅力で女心を揺さぶった。

公開された写真でパク・ソジュンはブラウンカラーのスウェードトレンチコートを着用し、クラシックなムードでゴージャスな雰囲気を演出して隙のないオムファタールのお手本を見せた。ヒョンシクは風に吹かれる髪と深みのある眼差しを加えた、自由で洗練されたポーズとスタイリングでファッショニスタならではの一面を思う存分披露した。

モノトーンのツーショットでパク・ソジュンとヒョンシクは、クールな目つきで強烈なカリスマ性を見せつけ、ノワール映画のワンシーンのような雰囲気を演出した。向き合っているカットには二人の抜群のビジュアルはもちろん、目が離せない特急ブロマンスまで盛り込まれており、ドラマ「花郎」で届ける男同士のケミ(ケミストリー、相手との相性) にも期待が高まった。

撮影の関係者は「二人は撮影現場でお茶目な一面を披露するも、撮影が始まるとプロならではの集中力と目だけ見ても分かる息ぴったりの相性を誇り、撮影に臨んだ」とし「パク・ソジュンとヒョンシクがそれぞれのスタイルと魅力を思う存分披露し、完成度の高いグラビアを仕上げた」と満足を示した。

このように特別な二人のブロマンスはドラマ「花郎」でも続く予定だ。「花郎」は1500年前の新羅の首都“徐羅伐(ソラボル:現在の慶州)”を走った花のような男、花郎たちの熱い情熱と愛、眩しい成長を描く本格青春時代劇だ。劇中でパク・ソジュンは一度きりの人生を犬のようにがむしゃらに、鳥のように自由に生きたい伝説の“犬鳥花郎”ことムミョン/ソヌ役を、ヒョンシクは“顔のない王”という運命の歯車から出て、世界に出たいサムメクジョン役を務めて今冬初雪のようにときめく息ぴったりのケミを届ける予定だ。二人とも自身初の時代劇であるだけに、「花郎」で披露する新しい魅力に期待が高まっている。