10日、中国国防部の報道官は、同日午前に宮古海峡から西太平洋に向かう定例の遠洋訓練をしていた中国空軍機に対し、日本の自衛隊の戦闘機2機が「妨害弾」を発射するなどして中国側の安全を危うくしたと発表し、日本側に抗議したことを明らかにした。写真は中国国防部。

写真拡大

2016年12月10日、中国国防部の楊宇軍(ヤン・ユージュン)報道官は、同日午前に沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡から西太平洋に向かう定例の遠洋訓練をしていた中国空軍機に対し、日本の自衛隊のF15戦闘機2機が「妨害弾」を発射するなどして中国空軍機と人員の安全を危うくしたと発表し、日本側に重大な懸念を伝え、抗議したことを明らかにした。環球網が伝えた。

楊報道官は「宮古海峡は公認された国際航路だ。中国空軍の今回の遠洋訓練は年度訓練計画に基づく定例のものであり、特定の国を念頭に置いたものではなく、国際法に合致している」と主張。「日本軍機の行為は危険であり、国際法による航行と飛行の自由を損なうものだ」と批判した。(翻訳・編集/柳川)