「いちごカツゲン」(税別215円)

写真拡大

発売60周年を迎える北海道のロングセラー乳酸菌飲料に、「いちご風味」が新登場。

【写真を見る】販売する雪印メグミルク株式会社

雪印メグミルク株式会社が、「いちごカツゲン」(税別215円)を12月20日(火)から北海道で期間限定発売する。

1956年に発売の「雪印カツゲン」から始まった「ソフトカツゲン」シリーズ。今回発売される「いちごカツゲン」は、フレーバーカツゲンのなかでも人気が高く、ミルクとも非常に相性の良い、いちご風味。12月から5月頃に多く出回る生果のいちごの季節に合わせ、熟したいちごの風味が再現された。

パッケージも「カツゲン発売60周年」のデザイン。正面には、「北海道でうまれて60周年」のロゴを配置し、側面には、「『カツゲン』はおかげさまで60周年!」というタイトルで、カツゲンの名称の由来や商品の歴史、「勝源(かつげん)神社(じんじゃ)」を紹介する。

北海道限定で、期間限定の商品。おやつや休憩のひと時、スポーツ後、風呂あがりの一杯として、喉を潤おそう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】