多種多様のヴィンテージラジカセが一堂に会した

写真拡大

東京・池袋のパルコミュージアムで2016年12月9〜27日、由緒正しいラジオカセットレコーダーの展覧会「大ラジカセ展」が開催されている。色鮮やかなものから、テレビやキーボードの機能を備えたものまで、100点超の展示品は日本随一の家電蒐集家・松崎順一さんが集めた5000点のラジカセから選び抜かれた。主催するパルコは「音楽や書籍がデジタルコンテンツに移行していく中、アナログ回帰を楽しむ世代が増え始めています。モノとしての『カセット』のはかなさを所有することや、『ラジカセ』のごつカワイさを楽しんでもらえればと思います」という。

ラジカセが派生して生まれたカルチャーの1つに、カセットテープが付属する雑誌「カセットマガジン」がある。細野晴臣と高橋幸宏、坂本龍一の音楽グループ「YMO」の「テクノポリス」や、1980年代の伝説的アート&ミュージックマガジンとして名高い「TRA」が公開されている。水道橋博士やみうらじゅん、和田ラヂヲなどのクリエイターによるカセットコレクションとカセットアートも見逃せない。

開館時間は10〜21時(最終日は18:00閉場/入場受付は閉場の30分前まで)。入場料は一般500円、学生400円(税込)。小学生以下は無料。