自宅でカラオケを楽しめる機能も

写真拡大

東芝エルイートレーディングは、CDラジオカセットレコーダーの新製品として「TY-CDK9」を2016年12月上旬から、「TY- CDX9」を12月中旬から発売する。このうち「TY-CDX9」は、カセットテープやCD、AM/FM(FM補完放送対応)ラジオ、ポータブルプレーヤーなど外部音源から、別売のSDカードやUSBメモリーへMP3フォーマットで録音できる。

「テープセレクト」レジューム再生」搭載

「TY-CDX9」は、ハイポジションテープを適正な音質で再生する「テープセレクト」、CDやSDカード、USBメモリーの再生中に停止して電源を切った場合でも、次に電源を入れると停止した箇所から再生できる「レジューム再生」を搭載。

楽曲の歌声を小さくできる「ボーカルダウン」、音量調整付きの「外部マイク端子」、「マイクエコー」など、自宅でカラオケを楽しめる各種機能を備える。

ラジオ放送局をボタンに登録し、ボタン1つで選局できる「お好み選局」、「おやすみタイマー」などを搭載。カセットテープの再生やCDの選曲、音量調節が可能なリモコンが付属する。

カラーはサテンゴールド。1万3000円〜1万4000円の店頭価格が予想されている。

「TY-CDK9」は、SDカードやUSBメモリーへの録音機能が非搭載。カラーはシルバー、ホワイトの2色。通販各店舗では、1万1000円〜1万2000円で予約を受け付けている。