松岡昌宏が「アニキ」と呼ばれる理由 撮影現場で「司令塔みたい」

写真拡大

10日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で女優の清水富美加が、TOKIO松岡昌宏が「アニキ」と慕われるゆえんを語った。

この日は、番組に清水がゲスト出演し、現在放送中のドラマ「家政婦のミタゾノ」(テレビ朝日系)で共演している松岡が話題に挙がった。

番組MCの久本雅美から松岡について話を振られると、清水は収録に入る前から「アニキによろしく」と至る所で言われたと明かす。さらに、現場入りしてから、松岡が「アニキ」と呼ばれる理由に合点がいったと撮影現場の様子を語りだした。

松岡は常に撮影状況を把握しているようで、次のシーン撮影に移行するための指示出しも的確だそうだ。清水は「(現場は)快活な感じ」だと振り返りながら、撮影がスムーズに行なわれるので「早く帰れるので嬉しくて」と松岡の有能ぶりに脱帽したという。

そんな、役者をこなしながら監督に近い動きをする松岡のことを「司令塔みたい」と絶賛してみせたのだった。

そこで、平成ノブシコブシの吉村崇が松岡と同郷だと明かすと、松岡の人となりがわかる都市伝説を披露した。なんでも「その街で一番魚を釣った」「あんな魚を釣る人はいない」と呼ばれているそうで、松岡は「伝説的な人」として有名なのだとか。

清水は、この話を聞いて「伝説は本当だと思う」と自身の体験談を持ち出す。清水いわく「(松岡に)生き物が寄ってくる」そうで、現場にいた大型犬が清水に威嚇を繰り返す一方、松岡に対しては「くんくんって。吠えないし」と警戒することがなかったそうだ。最後に「伝説は本当だと思います」と改めて吉村の説を後押ししていた。

【関連記事】
TOKIOのメンバーが「職業欄」に書く肩書きを明かす 城島茂は「契約社員」
TOKIOが音楽特番で「絶滅危惧種」の話 総合司会の櫻井翔「音楽の話ください!」
TOKIOの松岡昌宏がマギーを大絶賛「芸能界入って27年だけど1番可愛い」