『セッション』監督の最新作!『ラ・ラ・ランド』 Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

写真拡大

2016年も残すところあとわずかとなり、各誌が続々と2016年のベスト映画を発表している。

各誌から特に高い評価を受けているのは、『ラ・ラ・ランド』(2017年2月24日日本公開)と『ムーンライト』(2017年日本公開)の2作品だ。前者は『セッション』(14)のデイミアン・チャゼル監督の最新作で、ジャズピアニストと女優の卵の関係をロマンチックに描いたミュージカル。後者はブラッド・ピットの制作会社による、アイデンティティを探す黒人少年の成長を描いたヒューマンドラマとなっている。「Vulture」誌やローリングストーン誌、エンターテインメント・ウィークリー誌、ゴシップサイト「USウィークリー」は、『ラ・ラ・ランド』を1位に選出。「TIME」誌やワシントン・ポスト紙、ニュースサイト「Thrillist」は、『ムーンライト』を1位としている。

この2作品の他には、アメリカの労働者階級の家族を描いた『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(全米公開中)、戦後日本文学の最高峰「沈黙」を完全映画化した『沈黙-サイレンス-』(2017年1月21日日本公開)、異人種間の婚姻を題材にした『Loving』(原題)、『ブレードランナー』続編監督によるSFドラマ『メッセージ』(2017年5月日本公開)、銀行強盗を繰り返す兄弟を描いた『Hell or High Water』(原題)、ナタリー・ポートマンが世紀のファーストレディを演じた『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2017年春日本公開)、クリント・イーストウッド監督の『ハドソン川の奇跡』、動物たちの“楽園”を舞台にしたディズニー・アニメーション『ズートピア』が人気を集めている。