「パッション」を持って伝えることが信条(高田明氏)

写真拡大 (全2枚)

「テレビではすごくテンションが高かったんですけれども、もうやめていますから、みなさん、あのテンションはあまり期待なさらないでください」

 講演の冒頭、温かみのある笑顔で語りかけ、ドッと聴衆の笑いを誘うのは、「ジャパネットたかた」創業者・高田明氏(68)だ。独得の甲高い声とハイテンションで繰り広げられるパワフルなセールストークで通販業界を席巻、地方の企業を全国区に押し上げた名物社長も、2015年1月に退任した。

 社長退任後も長崎・佐世保の本社から放送するテレビショッピングには出演をしていたが、今年1月に同社が創業30周年の節目を迎えるにあたり、22年間出続けた番組からも引退している。現在は会長にも顧問にも就かず、新しく立ち上げた会社を足場にして、講演など高田明個人としての活動をメインに全国を飛び回っている。

 講演は、月に平均10本ほどこなす。11月下旬は全国社会福祉協議会主催の席で、「夢持ち続け日々精進」をテーマに講演を行なった。原稿を作らず、現場で自分の中からわきあがる言葉を紡ぐのが高田氏のスタイル。その姿勢は番組出演時から、一貫している。

「純粋に“伝えたい”というパッションが伴わないと、聴く人の心には響かない。原稿を読むようでは、伝わらないんです。情熱を持って語ればテンションも昂ぶって声も大きくなるし、だじゃれも饒舌に飛び出す。

 綾小路きみまろさんのライブのようにドカンドカンと笑いや拍手が起こることもよくあるんですよ。でも僕ははしょって話すのが苦手で、伝えたいことを丸々語るには2時間ほしい。今日は60分だったので時間を意識してしまって、組み立てがあまりうまくいかなかった。自分の中では、不完全燃焼です」

 講演が始まって20分ほどで声を張り、例のハイテンションで語り始めた高田氏。その熱意に引き込まれて、会場の聴衆も問いかけに深く頷いていたのだが、あくまで自己評価は厳しい。

「伝えるために呼ばれているわけですから、自分の使命を感じて、自ずとテンションが高くなるのでしょうね。でも今日は70点。もう少し、自分自身が伝えかたを勉強したほうがいいと感じました。課題が残ったという意味ではありがたい経験だと思います」

◆番組で身振り手振りが多いのは“非言語”の力を知っているから

 そう語り、神妙な表情で視線を落とす。課題を頭の中で反芻しているのだろう。「伝える」ということに、これまでいかに向き合ってきたかがわかる。

 テレビショッピングを退き、現在はBSの『おさんぽジャパネット』にのみ出演している。地方創生をテーマに立ち上げた番組で、スタジオを飛び出して各地の生産者を訪ね、商品に込めた思いを伝える。これまで気仙沼、鯖江、弘前、今治などを巡り、10月には高田氏たっての希望で熊本を訪れた。

「生産者の努力や商品のすばらしさを地域から発信する術があれば、買ってもらえるものはたくさんある。地方創生はまさにそこだと考えています。

 熊本には震災で苦しんでいるかたがたくさんいらっしゃるので、その現状を全国の人にもっと伝えたい。“みなさん頑張っている”と伝える中で、熊本が何かのかたちで元気を出してくれたらいいなと。僕にできることが、こうして特産品を紹介することなんです」

 番組では辛子蓮根やお茶、あか牛、ワイン、オランダ揚げなどを紹介。生放送中もVTRの時間を使い、カメラが回る直前まで生産者に商品の背景をヒヤリングし、コメントに生かした。熊本の復興を願うその真摯な想いに、現場も自然と熱を帯びる。商品位置やカメラアングルも、高田氏自ら指示。どう語り、どう映せば、商品の魅力が伝わるのか、ぎりぎりまで模索する。

「テレビではカメラの角度なども全部影響するんです。伝えるとは、そういうこと。僕が番組で身振り手振りが多いのもそのためで、“非言語”の力というのはとても大きいんですよね」

 生き生きと現場を仕切る姿におなじみの高田社長健在と感じられるが、講演や生産者を訪ねて全国を回る中で実は、自身に変化もあったという。

「講演で色々なかたと出会って世の中にはこういう考えかたもあるのだと知り、地方にはこういう姿があると触れることで、今までとは違う景色が開けたんです。

 これまではトップとして自分がすべて決裁してきました。誰かにどうしますかと、お伺いをたててやってきた30年じゃない。伝える仕事をずっとしてきて、主観的に物事をみて修正していく力は自分の中に備わっていると思います。ですが客観的にみる力はどうか。新しい景色を通して、違う生きかたにも目が向きました」

 今、最も熱中しているのはゴルフ。そこでも新しい扉を開いている。

「ジャパネット時代の平均スコアは130でブービーを取ることを自慢していたほどですが、退任して“今から90を切る”と宣言したんです。そんなばかなことを言うものだから、ゴルフ雑誌の連載は始まるし、自分を追い詰めて大変(笑い)。

 でも、こうなると今まで気にも留めなかったスコアが目標に変わって、俄然ゴルフが面白くなってきました。僕は常に課題を自分に課してきましたから燃えるんです。歳を重ねても、スコアを1つでも上げていきたい。人生、何歳で始めても遅いことはない。そう確信しているんです」

◆117歳まで生きる

 取材中は2日連続でラウンドを行ない、初日は疲労から「10年ぶりに12時間眠りました」と、嬉しそうに語る。

「これまでの10年を振り返ると、止まらずにずっと走っていた自分がいたように思います。振り向かずに、悩まずに、すべてを受け入れて、前を向いて。狭い範囲で、僕はそうやって生きてきた。

 ただ目の前の課題を1日1日こなしていくことで、仕事も楽しく、きつさも感じない。そうして難しい課題が難しく思えなくなって、企業も成長できました。

 でもそろそろ、アクセルばかりではいけないですよね。このままだと、ゴルフ場でドライバーを振り上げた瞬間に、パタッといってしまうかもしれませんから」

 休む気はない。走り続けるために時にはブレーキを踏みたいと、語る。

「僕は117歳まで生きると決めているんです。みんな無理だという顔をしますけれども、でも思うことで100歳まで生かされるんじゃないかと思う。

 平均寿命まであと13年だと思うと、じゃあ何ができるのかと悩むけれど、まだ49年あると思えば、やりたいことがたくさん出てきますよ。そういう気持ちで人生を生きていくことが大事だと、僕は思うんです。死ぬまで夢を持ち、自分を更新していきたいですね」

 帰り際、カメラマンの珍しい機材に目を留め、フィルム談義に花を咲かせた高田氏。同席した部下が専門的な内容に首を傾げていると、すかさず紙を広げて説明を始めた。

 何かを伝える時の表情はやはり輝く。取材時は出なかった地元の訛りもぽろりと出てきた。その情熱に、伝える仕事は天職なのだと感じさせる。そして説明が済むと、次の用事のため足早に会場を後にした。

 高田氏は今日もまた走り続け、そして伝え続けている──。

【たかた・あきら】1948年11月3日、長崎県生まれ。1986年に父親のカメラ店から独立し、1999年に社名を「ジャパネットたかた」に変更。温和なキャラクターと独得の語り口で親しまれ、通販業界で活躍するも、2015年1月に社長を退任。2016年1月には同社制作のテレビショッピングからも引退。現在は、講演やメディア出演などを中心に活動する。『週刊パーゴルフ』で、「たかた式90切り〜68歳の挑戦〜」を連載中。『おさんぽジャパネット』(BSフジ・ジャパネットたかたBS特選土曜市で不定期放送)に出演している。

●文/渡部美也、撮影/江森康之

※週刊ポスト2016年12月16日号